発想力と技術をみがき自分だけの表現を手に入れる

1年次は特定の専攻に所属せずに、共通カリキュラムで油彩・日本画・彫刻・陶芸・染織・版画・映像といった7つの表現方法、作品を作る際に土台となる観察力や思考力を領域横断的に身につけます。
2・3年次は、7つの専攻に分かれて専門を深め、4年次には、集大成として卒業制作に取り組みます。

1年次共通教育

芸術学部の新カリキュラムの特徴は「2年進級時に希望の専攻を選べる」ことです。入学して1年間は、専門性に閉じるのではなく、領域を横断的に学ぶ教育機会を重視。ものの見方を多角的にとらえる機会を増やし、自分では気づかない適性や可能性の発見と、間違いのない専門選びができます。

芸術学部について