京都精華大学TOP > 学部・大学院 > マンガ学部 > キャラクターデザインコース


  • 「こんな人がかっこいい」「こんな子と友だちになりたい」。そんなアイデアから魅力的なキャラクターを生み出すスキルと、つくり出したキャラクターを社会へ発信するノウハウを習得します。また、キャラクターデザイナーの多くは企業に属し、ビジネスを視野に入れたデザインが求められます。
    本コースでは、授業にグループワークを多く取り入れており、コミュニケーション力やマナー・教養など、社会人としての基礎も自然と学べる環境を用意。さらに業界の最前線で活躍する人気作家を招き、業界への知識を深めるなど、キャラクタービジネスでチャンスをつかむための素養を総合的に身につけます。

4年間の学び

  • キャラクターデザイン1年次
    • 1年次●
    • 手で描く画力と発想力をきたえる。
  • 描画技術とキャラクターづくりの基礎を学びます。デッサンやペン画、ヌードクロッキーに取り組むほか、デジタルでの作画技術についても学習。さらに資料の調べ方などアイデアを見つける方法論についても理解を深めます。

1年次で身につく力

●手で描く基本的な描画技術
●キャラクターデザインに必要なアイデアの発想法
●他者に考えを伝えられるコミュニケーション力

  • キャラクターデザイン2年次
    • 2年次●
    • 3次元のキャラクターづくりに挑戦。
  • 1年次に引きつづき、基礎をみがくとともに、3 次元のキャラクターづくりに挑戦し、平面のデザインを立体に変換するための手法を学びます。また、学外コンペに応募し、クライアントを想定した作品づくりにも挑戦します。

2年次で身につく力

●2次元のキャラクターを3次元に変換する手法
●クライアントの意図を理解してキャラクターをデザインする力

  • キャラクターデザイン3年次
    • 3年次●
    • 実践的な授業で専門的なスキルを高める。
  • 卒業後を想定し、マンガやライトノベルの挿絵、ゲームなどのデジタルコンテンツといった、分野ごとのゼミに分かれて学びます。ゼミ以外では、マンガ学部の他コースとコラボをする授業を実施。チームでの作品づくりに取り組みます。

3年次で身につく力

●めざす進路で求められる専門スキル
●チームの中で役割を担い協働して作品をつくる力

  • キャラクターデザイン4年次
    • 4年次●
    • 社会に通用するキャラクターデザインを習得。
  • ゼミで卒業制作に取り組みます。卒業制作は、イラスト、デジタルコンテンツ、立体作品など、自分にあった手法でキャラクターを表現します。またこれと並行して、作家デビューや就職に向けた活動にも力をそそぎます。

4年次で身につく力

●個々の表現や目的に合わせてキャラクターを展開する
●社会に通用する作品をつくりビジネスに結びつける力

卒業後の進路 各学部の進路

アナログでもデジタルでも絵が描ける力と、Webでの作品発表に対応できるデジタルツールの使い方を習得することで、どんな要望にも応えられるイラストレーターとしての活躍が期待されます。さらに、アイデアをビジネスに結びつけていく能力を発揮する企画職としての進路も予想されます。

  • ● ゲームやアニメのキャラクターをデザイン
  • ● ライトノベルの表紙を飾るイラストレーター
  • ● 原作者とタッグを組んでマンガの作画を担当
  • ● 企業や自治体を盛り上げるキャラクターをつくる

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ