新世代マンガコースってなに?

マンガ家を一生の仕事にするために

新世代マンガコースでは、マンガ家を一生の仕事にできるように、ヒットを飛ばした後も自分自身の力で次のヒット作を生み出せる力を身につけることを重要視しています。それを実現できるのは、セルフプロデュースができるスキル(能力)です。仮に1冊あたり10万部以上売れたマンガをヒット作と位置付けるとして、ヒット作を何作も連発できるマンガ家は全体の一握りです。逆に、ヒットを飛ばしたあと次のヒット作が出ないことで苦しむマンガ家が数多くいるということです。また、出版社も編集者も常にフレッシュな新人を探し求めています。なので、中堅クラスのマンガ家が次なるヒット作を出すためには、自分自身で時代のトレンドを読んだり、他者の追随を許さない魅力を備えなければなりません。それを新世代マンガコースでは「セルフプロデュースができる力」と呼び、学生たちに身につけてもらう最も重要なスキルだと考えています。このスキルを身につけることで、何度もヒット作を作り出せるマンガ家になること、つまり一生涯創作者として仕事ができるようになることを目標とします。

卒業後の進路イメージ

新世代マンガコースで身につけた「セルフプロデュースができる力」はマンガ家以外の職業にも幅広く応用できます。発想力と構成力をもつマンガ原作者、バラエティ番組の放送作家や構成作家、Webコミックサイトの編集者、ゲームやコンテンツのプランナーといった、次世代に活躍できる総合的なエンタテインメント創作者を目指す方なら、おおいに役立つスキルです。

漫画界の流れが変わりつつある。これが新時代!

あなたのマンガが日に日にパワーアップ

電車に乗って周囲を見渡すと、紙の本を読んでいる人を見ることが希になりました。そして、多くの人がスマートフォンを触っています。近年、マンガ雑誌の部数も減ってきているのが現状です。スマートフォンなどの電子デバイスでマンガを読む人が増えてきている時代に、マンガの描き方、読まれ方、収益の方法も大きく変わりつつあります。新世代マンガコースとは、そういう時代に即応した作家を育てる、日本初のマンガ教育の場なのです。近年、Webサイトや個人ブログ、SNSで発表した作品がファンから直接評価されて書籍化されるケースが増えています。ネット上で発表されたアマチュアの作品が単行本として書店に並び100万部を超える大ヒットになったケースもあり、雑誌での連載デビューを経ることなく人気マンガ家になれる時代が来ています。
新世代マンガコースでは、そういう時代にマンガ家が身につけるべきスキルはクリエイターとしての力に加えて、プランナーとしての力、マーケターとしての力、プロデューサーとしての力であると考えます。これらのスキルを身につける目的で、マンガを配信するコンテンツプロバイダによる特別講義やタイアップカリキュラムを実施します。
 
レベルの高いマンガを描くだけではなく、作品をどうやってネット上で伝播させればいいのか、サムネイルや配信タイミングなどの「人目を引くための工夫」、読者の反応を見てストーリーや設定やキャラクターを変化させる「分析と対応」、さらにはマーケットリサーチをベースとした「トレンドウォッチと企画立案」。コンテンツプロバイダしか知り得ない貴重なノウハウを、新世代のマンガ家育成のために、時間をかけてレクチャーします。
鴻池剛さんがTwitterにアップして人気になった「鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン!」は、2015年10月にKADOKAWAより書籍化され、70万部を超える大ヒットとなりました。また、鴻池さんのTwitterアカウントには108万人のフォロワーがおり、Twitterでマンガをアップするだけで75万部の雑誌に掲載したのと同じ効果があると考えられています。
©鴻池剛 / KADOKAWA刊

新世代マンガコースならではの特別なカリキュラム

Comico との新世代マンガ家開発プロジェクト

新世代マンガコースで身につけた「セルフプロデュースができる力」はマンガ家以外の職業にも幅広く応用できます。発想力と構成力をもつマンガ原作者、バラエティ番組の放送作家や構成作家、Webコミックサイトの編集者、ゲームやコンテンツのプランナーといった、次世代に活躍できる総合的なエンタテインメント創作者を目指す方なら、おおいに役立つスキルです。

トーチによる特別講義

トーチは「たいまつ」を意味し、老舗のマンガ出版社・リイド社が「未だ見ぬ表現」を探求することを旗印に開設したWebマンガサイトです。エッジの立った作家を求めて、また新世代を開拓できる新進気鋭の才能を求めて作品講評を中心とした特別講義を実施します。2015年度の特別講義にて、当校ギャグマンガコースの辺音夢(ぺんねむ)さんがデビューを飾っています。

初心者でも新人賞を獲得できる!

デビューへの最短コース、ここにあり!

マンガを描いた経験の浅い人や画力・構成力(ネーム力)の低い人が短期間で実力をアップさせるには、プロ作家の原稿を模写することが近道だと言われています。しかし、模写で実力がつくかどうかは人によってバラつきが大きいという結果が出ているのです。それはなぜでしょう?その答えを私たちは知っています。新世代マンガコースでは、キャラクターの作り方、アイデアの出し方、画面構成の有効な手法と禁じ手、読者を意識したストーリー展開と演出法など、独自のテクニックをレクチャーする専門のカリキュラムが用意されています。入学時に初心者に近かった学生が4年間で新人賞を取るまでに実力アップできるそれは、学生たちをクリエイターに育てるためになくてはならないものです。

毎日毎日プロ作家の原稿を模写する、という行為は野球に例えると「バットを持って毎日300回素振りをする」という行為にあたります。たしかに筋力は付くでしょう。しかし、それだけではプロ野球選手にはなれません。スポーツは相手選手との真剣勝負です。勝つために必要な筋力と同時に、駆け引きで相手に負けない理論と経験、そして柔軟な思考が必要です。マンガにおいても読者との真剣勝負は同じです。高い画力と同時に、読者を惹きつけるための理論と経験、具体的には「読者の予想を上回るストーリー展開、魅力的なキャラクター、読者の心を鷲掴みにする演出力」などを身につける必要があるのです。ストーリーマンガコース、ギャグマンガコースで長い時間を掛けて構築したカリキュラムを、新世代マンガコースでは、さらに展開して授業に組み込んでいきます。

伝統と実績がある。多くの卒業生が第一線で活躍している!

だからこそ京都精華大学で学ぶ意味がある

小説や映画や音楽のように、教育ノウハウや理論が古くから体系化されているジャンルとは違い、マンガはセオリーやメソッドが十分に確立できていないのが現状と言えます。それぞれの職人がそれぞれの秘伝の技を開かさない、このためにマンガ家の新人育成は、教える側の個人技に頼る傾向が強いと思われています。一方、京都精華大学は、16年もの間、大学でのマンガ教育や研究の場として独自のノウハウを蓄積してまいりました。卒業生の中には長期連載になったヒット作、アニメ化や映画化されたヒット作を持つ作家も多く、そこにはまちがいなく京都精華大学にしかない「マンガを描くためのコアコンピタンス」があるのです。

小説や映画や音楽のように、教育ノウハウや理論が古くから体系化されているジャンルとは違い、マンガはセオリーやメソッドが十分に確立できていないのが現状と言えます。それぞれの職人がそれぞれの秘伝の技を開かさない、このためにマンガ家の新人育成は、教える側の個人技に頼る傾向が強いと思われています。一方、京都精華大学は、16年もの間、大学でのマンガ教育や研究の場として独自のノウハウを蓄積してまいりました。卒業生の中には長期連載になったヒット作、アニメ化や映画化されたヒット作を持つ作家も多く、そこにはまちがいなく京都精華大学にしかない「マンガを描くためのコアコンピタンス」があるのです。

新世代マンガコース特設サイト

マンガを一生の仕事にするための「セルフプロデュース能力」など、新世代マンガコースならではの特別なカリキュラムについて動画を交えて詳しくお伝えします。

科目PICK UP

新世代のマンガ文化をつくる編集部や作家が特別講義を実施。
[ネームドリル実習/1年]マンガを描くための基本的な技術を身につけます。また、マンガアプリ編集部による講義や、ウェブコミック誌を運営する出版社による作品講評などもあり。SNSで人気を集めるマンガ家指導のもと、作品を実験的にSNSにアップする実習も行います。

多くの人にアピールできるSNSを活用して、作品を発表する。
[新世代マンガ総合講座/2年]SNSなどを通して作品を発表し、そこで多くのファンを獲得し、今までにないスタイルで収入を得る作家が増えてきました。この新時代の流れに乗り、ネットを活用して創作活動を続ける方法を学びます。SNSで成功したマンガ家による特別講義もあります。

4年間の学び

1年次 基礎力

マンガを描くうえで不可欠なネーム作成やペン技法などの作画技術の基礎を学習します。また、デジタル作画技術の基本も合わせて修得することで、これからマンガを描いていくうえでのベースをつくります。

2年次 応用力

読者を意識したエンターテインメントとしてのマンガ作成について力をみがきます。また作品の企画やプレゼンテーションなどを通じて、調査・取材、プランニング、マーケティングの基礎についても修得します。 

3年次 実践力

将来の目標や興味・関心に合わせてゼミを選び、技術力、表現力、プレゼンテーション力をさらに深めていく時期になります。作品のメディア発表も行い、将来を見すえて実践的に学ぶことで、セルフプロデュースの経験を積みます。

4年次 総合力

ゼミに分かれて3年次に経験した実践的な学びをさらに進化させ、4年間の学びの集大成である卒業制作に取り組みます。さらに各ゼミでは教員がマンガ家をめざす学生をサポートし、学生の在学中デビューを後押しします。

教員

非常勤講師

  • 松井仁美 / 実用マンガ制作・マンガ講師(担当:絵画技法1S・2S)
  • カメントツ / WEB漫画家(担当:自由制作 S、卒業制作実習 S)
  • 中村佳代 / 漫画家・グラフィックデザイナー(担当:基礎デジタル演習1S・2S、デジタル演習1S・2S)

VOICE

  • 西上 愛さん在学生

    自分のマンガを発信できる力をみがく。

    マンガ家になるために学べる大学を探していたとき、オープンキャンパスで田中圭一先生の「これからのマンガ家」についてのレクチャーに出会ったんです。SNSを活用して作品をヒットさせるなど、セルフプロデュースができるマンガ家についての話が非常に分かりやすく、進学を決意しました。デジタルの世界も好きだったので、デジタル作画やWebマンガに特化した新世代マンガコースとの相性の良さを実感する日々を過ごしています。最近興味深かったのは、Twitterに特化したマンガを描く授業。横にページをめくる冊子と違って、Twitterのマンガは縦に流れていきます。スマートフォンでスクロールして読むことを前提とした描き方など、さまざまなコツを実践的に学ぶことができました。海外からマンガを研究しに来た沢山の留学生と共に学べる環境も新鮮で楽しいです。多様な価値観や意見を交換でき、深みのある作品制作に生かせると感じています。入学してから特に伸びたと実感しているのは、人に伝えるためのプレゼンテーション力です。グループでの課題などを通じて、人の話を理解し、自分の言葉で説明する能力がみがかれていきました。いまは1年生ですが、これからもっと力をつけて、オリジナリティのあるマンガを発信していきたいです。