公開講座

近代文化誌講座
「京都」から見る「カフェー」 の文化誌

戦前の日本における「カフェー」の歴史を「ジャンル論」という観点と、主に京都という場を設定して考えていきます。カフェージャンルは1911年、東京銀座を場として立ち上がりました。その後多様な要素を取り入れて変容分化しますが、「女給」がやがて必須の条件となっていきます。第1回目では、カフェーの重要な構成要素となる「女給」のファッションを「エプロン」というキーワードから考えます。第2回目では京都を主なフィールドとして、人気を獲得したが消えていったいくつかのカフェーの歴史とその「夢」の痕跡を探してゆきます。

  • 日程

    全2回/土曜日

    第1回 6月19日「カフェー」女給のエプロン
    第2回 7月3日近代の痕跡としての「カフェー」

  • 時間

    14:00~15:30

  • 予約

講師

斎藤 光(本学ポピュラーカルチャー学部教員)
京都大学理学部・北海道大学大学院・東京大学大学院卒。生物学史・性科学誌・近現代文化誌などを研究。著書に『幻想の性 衰弱する身体』、共編著書に『性的なことば』など。最近、「京都の/と尖端少女」というテーマでモダニズムを調査中。また、日本の「カフェー」ジャンルを研究中。さらに、日本の分子生物学の歴史や生命倫理もリサーチ中。2020年9月に新著『幻の「カフェー」時代 夜の京都のモダニズム』(淡交社)が出版された。
 

定員

20人程度
 

受講料

2,500円
 

受講形式

講義はオンライン会議システム「Zoom」を利用して行ないます。
開講までに以下のページを参考に、受信環境を準備してください。
 

お問い合わせ先 CONTACT

京都精華大学 公開講座事務局

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5263
Fax:075-722-5440
E-mail:garden@kyoto-seika.ac.jp
受付窓口:公開講座事務局(京都精華大学 本館2F 研究推進グループ)

SHARE