エンターテインメントの世界をデジタルで面白くする

デジタル時代のコンテンツはみんなが反応し、参加し、シェアすることで、大きなムーブメントへとつながっていきます。デジタルクリエイションコースでは、この時代にふさわしいデザイナー、クリエイターの育成をめざしています。そのため授業では、人が共感し、アクションを起こすための仕掛けや、人を巻き込むためのアイデアについて徹底的に研究。さらに生まれたアイデアを、ゲーム、Web、アプリなどのデジタル表現で社会に発信する力、イベントとして具現化する力を学びます。これらに加え、マーケティングやマネジメントについても学ぶことで、より説得力のある表現で伝えられる知識のバックグラウンドをやしないます。

科目PICK UP

  • アイデアを形にするための、専門技術や企画力を身につける。

    [クリエイション/2年]
    3DCGを用いた作品の制作、空間を生かした映像作品の制作、VR技術を使ったモーションデザインなどに挑戦しながら、デジタルコンテンツを制作するための知識と技術を学びます。同時に、ロジカルに考える力、企画を立案する力、発信する力も身につけます。

  • 培ったスキルを社会に役立てる。実践型プロジェクトを実施。

    [プロジェクト/3年]
    社会とつながるプロジェクトを多数用意しています。過去には、京都国際マンガミュージアムの新しい魅力を発信するARゲームの制作、音楽家がつくった曲を広く伝えるためのミュージックビデオの制作、バンドのアートワークのプロデュースなどを行いました。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    クリエイターとしての基礎体力をやしなう。

    1年次はビジュアルデザインの基礎となる描写力をデッサンやドローイングなどでやしない、アイデアをかたちにする力を身につけます。またWeb や写真、映像などの制作スキルのなかから、自分に必要な技術を選択して学びます。

  2. 2年次

    SECOND

    人を楽しませるアイデアとスキルをみがく。

    2年次は人を楽しませるコンテンツづくりをめざして、モーショングラフィックスや3 DCG、イベントの企画運営、キャラクターデザイン、Webコンテンツやゲームなどに取り組み、人が反応する仕掛けを考え、発信する力を身につけます。

  3. 3年次

    THIRD

    それぞれの得意分野を活かし、社会に発信する。

    3年次はグラフィックデザインコースの学生と協力して、プロジェクト型の課題に取り組みます。社会とつながるプロジェクトのなかから、自分の興味・関心や進路に合わせて選択し、実際の仕事と同じように作業を進めていきます。

  4. 4年次

    FOURTH

    新たな「楽しい」をつくり出す。

    たしかなデザイン力とデジタルスキル、さらにそれらによって社会をもっとワクワクする場に変えていけることを学んだ4 年間。今まで学んできたことの集大成として、学生一人ひとりが自由な発想で卒業制作に取り組みます。

4年間で身につく能力

  • 人が反応する仕掛けづくりのノウハウ
  • 描写力などのデザイン基礎とデジタルスキル
  • アイデアやメッセージを社会に発信する力

作品

  • 『String Theory』/ 4年生 / カレニナ オブリ

    4年生 / カレニナ オブリ

施設

にぎやかな実習室。友人との雑談からアイデアが生まれることもしばしば。

PICK UP!

  • ライブラリーには画像やデザインの専門書がずらり。ミーティングスペースとしても活用されています。

  • Webサイトやグラフィックの素材となる写真撮影が可能なスタジオ。

卒業後の進路

多様なデジタルツールを扱うスキルと、グループ制作からつちかわれる企画力や発想力、プロデュース能力は、IT企業やWeb業界はもちろん、さまざまな業界で活かせます。卒業生には、クリエイティブ企業で働く人、フリーランスのデザイナーや映像作家、新たな仕事を生み出す人などがいます。 

  • Webデザイナーやディレクター
  • CGや映像などのクリエイター
  • 独立、起業し、新たなコンテンツをつくる

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。 その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 岡 采音さん在学生

    交流が生まれるゲームをつくり続けたい。

    高校時代はずっと絵を描いてきましたが、新しいことに挑戦したくてデジタルクリエイションコースに進学を決めました。私はゲームをつくることが好きで、普段からひたすら手を動かしてアイデアを出す訓練をしています。個性豊かな仲間とのチーム制作は、このコースの特長のひとつ。CGなど得意な技術が同じでも、カワイイ系やクリーチャー系など好きなものが全然違うんです。印象に残っている授業は、大学が運営する京都国際マンガミュージアムを舞台にしたARアプリゲームの制作。小学校を改装してできたという施設の成り立ちを、地元の人や子ども達にも面白く伝えたいと思い、自分の好きな妖怪と組み合わせてゲームを企画しました。実際にたくさんの方に体験していただけたのですが、特に印象に残っているのは、ゲームをつくることが夢だという小学生の子。目を輝かせて遊ぶその姿を見て、ゲームづくりが好きでよかった、がんばってきてよかったと心から思いました。卒業後はゲーム会社にデザイナーとして就職することが決まっています。これからも、子どもたちが夢中になり、みんなで遊ぶことで交流が生まれるような、力のある作品をつくり続けていきたいです。