吉元 加奈美 YOSHIMOTO Kanami

専門分野

日本近世史/都市史・地域社会史

所属
  • 人文学部 総合人文学科 歴史専攻

経歴・業績

大阪市立大学大学院文学研究科日本史学専修後期博士課程修了。博士(文学)。主な業績:「堀江新地の茶屋町」(塚田孝編『シリーズ三都 大坂巻』東京大学出版会/2019)など。

メッセージ

江戸時代にも現在と同様に、歴史に名前を残さない数多くの人びとが暮らしていました。社会とは、そうした人びとの毎日の生活の積み重ねです。大学では、古文書(史料)を読み解くことで、人びとの営みから社会のあり様を明らかにする歴史学を学びます。こうした歴史の学びは、現在を生きる「わたし」と社会の関係の理解も深めてくれます。皆さんも、一緒に歴史学を学んでみませんか?