吉川 義盛 YOSHIKAWA Yoshimori

専門分野

インタラクション / フィジカルコンピューティング / ビジュアルコーディング

所属
  • メディア表現学部 メディア表現学科 メディア情報専攻

経歴・業績

身体で体験するインタラクティブコンテンツやジェネレイティブなビジュアルの制作を行う。Beeee!で、BACA-JA ブロードバンドアート&コンテンツアワードジャパン2007 ブロードバンドアート部門最優秀作などを受賞。フリーランスや自主制作としてASTALIFT ハンドプロジェクションマッピング、airiumなどの体験型のコンテンツや、Media Ambition TokyoやArs Electronicaへの出展など、多数のプログラミングを用いたコンテンツやビジュアルを手がけている。数検2級。24時間で山道70km、36時間で自転車400km走破経験あり。
 

メッセージ

一昔前までは、コンピュータを利用したコンテンツはマウスとキーボードで操作し、モニタの中を眺めるというものでした。ですが、昨今の技術の発展により、例えば身体で体験するなど、それ以外への活用事例も増えています。同様にテクノロジーというと身構える方も多い方もしれませんが、さまざまな方法で作品への応用が容易になってきています。
僕の好きな言葉の一つに「技術の無駄遣い」というものがあります。みなさんにはいろいろなテクノロジーに触れてもらって、とてもくだらないものでもよいので、面白い作品を作れればと思っています。

作品・著書・研究活動など