セシル・ラリ Cecile LALY

専門分野

美術史 / 写真・凧

所属
  • 国際文化学部 人文学科 日本文化専攻

経歴・業績

フランスに生まれ。2002年に留学のため来日。2011年、パリ・ソルボンヌ大学美術史学院日本近代写真史専門分野博士課程修了。博士論文は雑誌『光画』(1932-33)について。卒業後フランス・中国・日本で働く。2014年、ケ・ブランリ博物館の研究員として和凧コレクションを調査し、和凧の研究を始める。現在研究テーマは和凧芸術と文化。SFEJ、EAJS、JAHF、IAJS 、JapArchi会員、Sciencescope副会長。
 
Born in France, she first came to Japan in 2002 as an exchange student. She holds a Ph.D. in art history from Paris-Sorbonne University and specialized in Japanese modern photography. Her thesis was an analysis of the review Kōga (1932-33). After graduating, she has worked in France, China, and Japan. Her current research theme is the art and culture of Japanese kites; she took an interest in it when she was working as a research fellow at the Musée du quai Branly in 2014. She is also a member of several Academic Societies (SFEJ, EAJS, JAHF, IAJS, JapArchi) and the current Vice President of Sciencescope.

メッセージ

芸術は何でしょう?工芸とは何でしょう?この二つの違いは何でしょう?絵画はすべて芸術ですか?写真は芸術ですか?凧を芸術と呼べるでしょうか?…芸術と工芸は、それぞれの国の文化と言語によって定義された概念なので、実は、これらの質問に対する答えは一つではありません。現代のグローバル化社会における美術・芸術・アート・民藝・工芸・クラフトなどの役割を一緒に学びましょう。
 
What is art? What is the difference between art and craft? Is painting always art? Is photography art? Can kites be art?... As art and crafts are concepts defined by cultures and languages, there are, in fact, various answers to these questions. Let’s study what the role of art and crafts is in today’s globalized society.

作品・著書・研究活動など