染と織の技法で 新しい芸術表現を生み出す

布を染める。糸をつむいで織る。染めと織りの技法によって生み出されるテキスタイル。独特の美しい色彩と、素材によって異なる風合いが魅力です。暮らしに不可欠な「布」という素材は学び方も多様。テキスタイル専攻では、日本有数の充実した設備で、シルクスクリーン、ろうけつ染め、型染め、つづれ織り、フェルト、縫いといった幅広い技術を習得できます。また、京都という立地を生かして、友禅や西陣織といった伝統技法を学ぶことにも力を入れています。発想力を鍛える課題を通じて、芸術作品としてテキスタイル表現に取り組むことも特長。素材と技法への深い知見に、独自の発想を組み合わせることで、新しい表現を生み出す作家として成長します。

科目PICK UP

  • 4つのテーマで作品を制作。テキスタイルの可能性を探る。

    [造形実習/3年]
    染め、織り、フェルト、シルクスクリーン、縫いなど、さまざまな技法を専門分野にもつ教員のもと、作品を制作します。1年間を4期に分け、「コミュニケーション」、「テクスチャー」、「環境」、「社会とのかかわり」の順でテーマを設置。ディスカッションなどを通してテーマを掘り下げ、各自でコンセプトを固め、それぞれが選んだ技法で作品を仕上げていきます。後半の「環境」ではテキスタイルがもたらす環境への影響を、「社会とのかかわり」では作品が社会でどう機能するかを考えながら制作に取り組みます。テーマごとに技法を変えることも可能。テキスタイルの可能性を探りながら、独自の表現を生かした作品づくりをめざします。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    表現者の「幹」をつくる

    芸術学部共通のカリキュラムを受講。表現者としての「幹」を鍛え、7専攻の基礎を選択して学ぶことで興味を模索します。

  2. 2年次

    SECOND

    基本の技法を身につける

    シルクスクリーン、型染め、フェルトなど、多様な技法について歴史と基礎技術を横断的に学び、適性にあわせて染色、織り、縫いの3つの技法ゼミに分かれます。

  3. 3年次

    THIRD

    テーマを染めや織りで表現

    「コミュニケーション」「環境」など、あたえられた言葉を解釈して、各自の技法で作品に展開します。思考力と発想力を鍛えて、テキスタイル表現の可能性を探ります。

  4. 4年次

    FOURTH

    作家性を追究する

    作家としてのオリジナルの表現を追究します。培った構成力と表現力で卒業制作を完成させます。

4年間で身につく能力

  • 空間を生かした立体作品をつくる発想力
  • 織り、縫いなど繊維を扱う力
  • 型染め、友禅など日本の伝統的な染織技法

作品

施設

本格的な織り機を備えている織り実習室。

PICK UP!

  • 染め作業後に使用する洗い場は非常に効率的な設計に。

  • 染めの工程で、布に色を定着させる大型蒸し器。

  • 型染めの実習室。大型の平面作品のほか、浴衣や着物の反物も広げて制作することができます。

教員

非常勤講師

  • 細田あずみ / 染色作家(担当:造形基礎1・4(テキスタイル))
  • 須藤真美子 / 友禅作家(担当:造形基礎1(テキスタイル))
  • 大村優里 / 型染作家(担当:染織基礎2、造形基礎4(テキスタイル))
  • 堤 加奈恵 / 繊維造形作家(担当:造形基礎2(テキスタイル))
  • 大住由季 / 染織家(担当:染織基礎3、造形基礎2(テキスタイル)、造形実習1・2・3・4(テキスタイル))
  • 本田昌史 / テキスタイルアーティスト(担当:造形基礎3(テキスタイル)、造形実習1 (テキスタイル)、制作演習6(プリント)、クラフト2)

卒業後の進路

めざせる職業
テキスタイルデザイナー / インテリアデザイナー / プロダクトデザイナー / 染色作家・職人 など
 
主な就職先
アパレルメーカー / 繊維メーカー / 呉服店 / 教育機関 など

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
 
  • 高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)
  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 岩井 まどかさん在学生

    未経験から憧れの染色技法に挑戦。

    染めの世界に魅力を感じたのは高校生のとき。地元・三重県の伝統工芸、伊勢型紙に触れたことがきっかけです。その高度で繊細な手仕事に惹かれ、未経験でも伝統的な型染め技法を本格的に学べる京都精華大学に進学を決めました。型染めは切り絵のように緻密で、ひとつひとつの工程に正確さが求められる技法。時間がかかる分、完成した瞬間の感動は格別です。先生方が基礎から丁寧に指導してくださるので、初めてでも安心して学べる環境でした。友禅をはじめとした染色文化など、歴史のある京都で学べることもこの大学の魅力。特に伝統産業の工房で学べる「京都の伝統産業実習」が印象に残っています。この授業では、「漆」の工房を訪問し、2週間の実習を行いました。普段布を扱っている私にとって、木を扱う漆塗りは初めての体験。慣れない素材や工程に苦労しましたが、型染めのデザインを漆塗りに転用し、制作に取り組みました。さまざまなことに挑戦できる環境が、作品の幅を広げてくれたと感じています。4年間の集大成となる卒業制作では、地元、鳥羽の情景を染め上げたいと思っています。卒業後は京都で、和小物を扱う会社に就職します。働きながら、テキスタイルの作品もつくり続けたいと思っています。