素材を熟知し空間を変容させる

木、石、金属、樹脂、粘土、ガラスなど、自然界の多様な素材と真摯に向き合う。それが立体造形専攻の基本姿勢です。そのために鉄工室、木工室、モデリングスタジオや屋外作業場などの豊富な制作スペースと、クレーンやフォークリフトを含む、あらゆる素材を扱う機材、設備がそろっています。授業では加工技術を実践的に学びながら作品制作に取り組み、それぞれの素材の特性を理解。作家研究などを通し理論も学びながら、自分に合った素材を見極めていきます。また、学内外での展覧会の企画・運営や、全国各地で行われる芸術祭への出品など積極的に実社会とも関わりを持ち、作家として独り立ちするための力を総合的に身につけていきます。

科目PICK UP

  • 作家に捧げるオマージュ作品をつくり、感性や思考力を鍛える。

    [造形表現/3年]
    2年次までに身につけた素材の知識や制作技術をベースに、3年次からは自分ならではの表現を行う力を身につけます。自らの世界を表現するためには、日常の経験から多くを感じ取る感性を磨く必要があります。また、「なぜつくるのか」を理論的に考える力や、そこからコンセプトを組み立てる力も欠かせません。このような力を培うため、『造形表現』ではオマージュ作品を制作します。興味がある作家を選び、作品や作家について深く研究し、最終的には作家に捧げる作品をつくります。尊敬する作家から表現活動を行うための姿勢や思考プロセスを学び、同時に、自分自身を理解し、表現したい世界が何かを模索します。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    表現者の「幹」をつくる

    芸術学部共通のカリキュラムを受講。表現者としての「幹」を鍛え、7専攻の基礎を選択して学ぶことで興味を模索します。

  2. 2年次

    SECOND

    素材を知り、扱う力をつける

    人体をモチーフにした塑像制作からはじめ、ブロンズ鋳造や金属彫刻、木彫、石彫など、素材加工の基礎を一通り習得し、表現の可能性を拡げることで独自の世界観を模索します。

  3. 3年次

    THIRD

    理論を学び、洞察を深める

    自分と素材だけの関係に閉じこもらず、美術理論を研究し作品について深く洞察し、批評的に判断します。展示企画・運営も行い、外の世界へ向けて表現を伸ばしていきます。

  4. 4年次

    FOURTH

    作家性を追究する

    作家としてのオリジナルの表現を追究します。培った構成力と表現力で卒業制作を完成させます。

4年間で身につく能力

  • コンセプトを立て、最適な素材や技法を選ぶ力
  • 多様な素材を加工する力
  • 自分の表現を社会に発信する力

作品

3年生 / 布藤 喜帆

施設

作業場にはフォークリフトやクレーンといった機器も。

PICK UP!

  • ブロンズなどの鋳造が行える可傾炉。

  • 木を扱う授業の様子。このほかにも石や金属などさまざまな素材を扱います。

  • 樹脂をはじめ、さまざまな素材を組み合わせて作品制作を行う「ミクストメディアスタジオ」の様子。

教員

非常勤講師

  • 渡辺浩二 / 彫刻家(担当:造形基礎4 (立体造形))
  • 西山美なコ / 美術家(担当:造形実習1・2・3・4(立体造形))
  • 今村 源 / 美術家(担当:造形実習1・2・3・4(立体造形))
  • 外礒秀紹 / 造形作家(担当:立体基礎1)

卒業後の進路

めざせる職業
美術作家 / 工芸作家 / 舞台美術家 / ディスプレイデザイナー など

主な就職先
美術工房 / イベント会社 / テレビ局 / 雑貨メーカー / 教育機関 など

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
  • 高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)
  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 安井 響栄さん在学生

    自由な発想で誰かの価値観を揺さぶりたい。

    「立体造形は、なんでもできる」。そう気づいたのは1年次のとき。きっかけは、さまざまな技法を体験できるメチエ基礎の授業でした。立体造形での学びは、写真やグラフィックなど異なる分野の表現手法と組み合わせると可能性は無限大。その点に強く惹かれました。現在は素材が持つ迫力に惹かれ、人の顔や馬などをモチーフとした鉄を使った金属彫刻や、自転車のパーツなどを組み合わせた大型オブジェの制作をしています。立体造形専攻では、木、石、樹脂の加工をはじめ、金属の溶接や鋳造など多様な素材を扱う方法が一通り経験できます。教室は学年ではなく素材ごとに分かれているのも特長で、先輩との交流が多く、他の素材を扱う学生からも刺激を受ける毎日を過ごしています。学外で展示会を企画する授業では、芸術と社会をうまく交差させるための仕組みづくりを学びました。入学当初は芸術家といえば、山にこもって作品だけをつくっているイメージでしたが、先生や同級生は既存のやり方から大きく飛躍した自由な発想を持っていて、作品制作への固定観念が取り払われていきました。将来は作家活動を通して、誰かの価値観を揺さぶる作品づくりがしたいです。
  • 内田 晴之教員

    経験を積んで、柔軟な思考ができるアーティストになろう 。

    立体造形のいちばんのおもしろさは、さまざまな素材を扱えるところです。木、石、金属などはもちろん、空気や音を素材にして作品をつくる人もいるくらいで、「こうでなければならない」という枠組みが一切ありません。逆にその制限のなさに戸惑うこともあるかもしれませんが、常に新しいものにチャレンジしていく気持ちがあれば、自分のつくりたいものを表現できるようになるはずです。近年、若手アーティストの育成も兼ねて力を入れているのが「高見島プロジェクト」です。瀬戸内海に浮かぶ小さな島で、その土地の歴史や特有の素材、住民の方々と関わりながら、傷んだ家屋や景観の保存を目的とし、現地制作と展示を行っています。空き家を展示空間として生まれ変わらせるなかで、自然と住民の方々とのコミュニケーションが生まれ、作品が島に根付く。そしてその作品が島の魅力を多くの人に伝えることにもつながるのです。既存のギャラリー空間での展示ももちろん意義があることですが、立体造形の作品が素材との対話で形を変えていくように、その土地に合わせた作品をつくるやり方もある。若い人たちにはこうした経験を重ね、無数の選択肢から柔軟によりよい姿を模索できるアーティストになってほしい。そのために全力でサポートします。