日本有数の充実した施設で 新しい形を生み出す

陶芸専攻では、できるだけ多くの素材や技法、考え方に触れることを重視。器からアート作品まで幅広い陶芸作品に取り組むことができます。頭に描いたイメージを形にするため、手びねり、ロクロなどの成形技法や釉薬の扱い方、焼成方法について理解を深めます。施設の充実ぶりは全国でもトップレベル。本格的な登り窯や乾燥室など他にはない環境で作品づくりに没頭できます。指導にあたる教員は現役の陶芸作家。個々の魅力と長所を伸ばす丁寧な指導とアドバイスにより、一流の技と思想を直に感じながら力を伸ばしていきます。卒業時には、身につけた知識と技術を活用し、独自のスタイルを確立します。土と火を使った表現で陶芸による新しい文化の創造をめざします。

科目PICK UP

  • 斜面に沿ってつくられた「登り窯」で、80cmの大壺を焼く。

    [造形実習/3年]
    高さ80cm程度の大壷をロクロでつくり、学外施設「朽木学舎」にある登り窯で焼成します。他学年・他専攻からも参加者を募り、24時間力を合わせて火を守ります。古来より伝わる焼成方法を体験して学び、作業を通して学生同士の絆を育みます。

  • 陶芸展に出品する作品を制作。イベントの企画・運営にも挑戦。

    [卒業研究実習/4年]
    学内ギャラリーで開かれる「大学合同陶芸展」への出品を目標に、作品を制作します。会場を視察し、展示空間に置かれる作品を想像しながら、自分の表現を追及します。また、陶芸展で行われるトークショーなどの企画や運営にも携わります。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    表現者の「幹」をつくる

    芸術学部共通のカリキュラムを受講。表現者としての「幹」を鍛え、7専攻の基礎を選択して学ぶことで興味を模索します。

  2. 2年次

    SECOND

    基本技法と知識を習得

    手びねり、ろくろ、鋳込みなどの技法を試し、土を扱う感覚をつかみます。釉薬の知識と扱い方や磁器、瀬戸焼などの焼き物の知識や工芸史、染織史も学んでいきます。

  3. 3年次

    THIRD

    テクニックを高める

    これまで培ってきた基礎力を自己表現へ転化。自分のイメージを忠実に反映させた作品の制作をめざします。制作物の合評も積極的に行い、客観的な視点も取り入れていきます。

  4. 4年次

    FOURTH

    作家性を追究する

    作家としてのオリジナルの表現を追究します。培った構成力と表現力で卒業制作を完成させます。

4年間で身につく能力

  • イメージを形にする力
  • 最高レベルの設備で育む技術力
  • 現役作家から学ぶ思考力と行動力

作品

  • 『染付蘇我利山水図大皿』

    4年生 / 曽我あずさ

施設

自分の身長以上の大きな作品も焼成できるガス窯や電気窯を備えた窯場。

PICK UP!

  • 滋賀県の朽木学舎にある登り窯。3年次の実習にて体験できます。

  • ロクロ室には、30台もの電動ロクロが。広々とした空間で、集中して制作することができます。

  • 学年ごとに設置された実習室は、制作に励む学生たちでいつもにぎやか。

教員

非常勤講師

  • 生駒啓子 / 陶芸作家(担当:造形実習1)
  • 大石早矢香 / 陶彫家(担当:造形実習1・2・3・4(陶芸))
  • 木村 隆 / 陶芸家(担当:造形基礎1・2・3・4(陶芸))
  • 田中大輝 / 陶芸家(担当:陶芸基礎1)

卒業後の進路

めざせる職業
陶芸家 / 工芸作家 / ジュエリーデザイナー / 絵付師 など
 
主な就職先
窯元 / 美術工房 / 雑貨メーカー / インテリアメーカー / 教育機関 など

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • 高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)
  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 木下 萌珠さん在学生

    人々の生活に寄り添った、器づくりの魅力。

    元々ものづくりが好きで、高校から部活で陶芸に取り組んできました。京都精華大学に決めたのは、1年次から本格的な窯で制作が行える充実した設備がきっかけ。でもいまでは、自分の好きなことを突き詰めて自由につくれる環境が、この大学のいちばん大きな魅力だと思っています。たとえば普通は間違いとされるような制作手法や複雑な作品でも、先生たちは否定せずに応援してくれます。そのため、失敗を恐れずに挑戦を続けることができました。現在のテーマは、生活に寄り添える作品づくり。ロクロで食器などを制作しているのですが、同じ陶芸専攻にはオブジェをつくる学生もいて、お互いに刺激を受け合っています。卒業後は陶磁器の製造・販売を行う会社で商品制作を担当する予定。このテーマをより実践的に深めることができると思っています。陶芸という分野が長い時間をかけて培ってきた伝統と技術に、わたしの視点をかけあわせ、少しずつでも暮らしを豊かに変えられるものづくりがしたいです。
  • 宮永 甲太郎教員

    陶芸は、制限のなかで個性を発揮できる。

    教育活動や学生の成長を通して「教える」ことの面白さを日々実感しながら、作家としての自分も更新し続けています。いつも意識しているのは、学生が自宅に帰った後も、家族と美術の話をするような状況をつくりたい、ということ。テクニックだけを単純に教えるのではなく、美術そのものに対する学びも与えられるよう意識しています。素材と日々向き合う陶芸制作は、重力や摩擦など、さまざまな外部要因に影響を受けます。こうした制限があるからこそ、自分で考えて新しい可能性を編み出すクリエイティビティが発揮できる。それが陶芸の最大の魅力です。加えて、完成までに時間がかかるので、物質が変化していくプロセスに目を向けることで、でき上がったものに価値を見出せるようになります。京都精華大学は、いろんなことに挑戦できる大学。4年間は思っている以上に短いので、テクニックだけに頼るよりも、既存の価値を読み変えたり、ずらしたりしながら、クリエイティブに発想してもらいたい。そうすることで、日々の生活のなかに見出すことのできる陶芸の面白さを、多くの人に伝えたいですね。