人文学部4年間の流れ

top

社会に関わる力を段階的に高める4年間の学び

 人文学部の大きな特色は、文学、歴史、社会の各専攻で、知識と深い考察力を身につけながら、「この学びを社会にどう活かすか?」を考える機会を設けていること。専攻の学びと「社会とつながるプログラム」を行き来しながら、社会に関わる力を段階的に高めていきます。
 「社会とつながるプログラム」は、大学4年間の学びを社会に活かす実践の場としても機能します。その全課程を終えるときには、卒業後の人生に活きるスキルが自然と身についているはずです。
 
>人文学部教員 大学ウェブサイトへリンク!
 

1年次 ことばのスキルを高めるプログラム

大学で学ぶための基盤をつくる期間。言葉を通して自分や他者を理解することで、世界は言葉で構成されていることを知る。同時に文学、歴史、社会を学ぶための土台となる哲学などの人文学の基礎教養を身につける。

s_year1
 
 1年次には「コミュニケーション・プログラム」を1年間実施します。日本語と英語の2つの言語スキルを徹底して高めるプログラムを用意。対話力を豊かにし、2年次以降の専門分野の研究、「ソーシャルデザイン・プログラム」「フィールド・プログラム」の基盤となる「ことばの力」を養います。
>コミュニケーション・プログラムについてもっと詳しく知りたい
 

初年次演習|協働して学ぶことを理解し、大学での学びの基盤をやしなう
人文学概論|文学、歴史、社会を学ぶための基礎的な概念と方法論を理解する
哲学概論|現代社会の問題のあり方・原理について考えることを通じ、哲学とは何かを学ぶ
フィールドワーク概論・技法|フィールドワークの概念を理解し、取材記録などの基本的な技術を身につける

 

2年次 専攻を選択

文学、歴史、社会の3専攻に分かれ、各専攻の専門的な学びがはじまる。また、身近な問題を通して社会と関わることで、自ら課題を発見して解決する力と、社会を多面的にみる力を身につける。

文学専攻

bungaku
『古事記』『万葉集』から、近現代までのあらゆる日本文学を対象にして学びます。時代ごとの作品の特徴や研究方法を理解し、自分の興味のある時代や文学作品、作家、表現手法などを選んで研究を深めます。
 さらに、児童文学・神話学・口承文学・文学批評など、さまざまな形の「ものがたり」からも学び、多様な視点から作品を読みとき、文学の魅力に迫ります。
 
もっと詳しく

歴史専攻

rekishi
 古代・中世・近世・近現代と、あらゆる時代の日本の歴史を学びます。時代の移り変わりや研究方法を理解し、深く学びたい時代や事件、人物を選びます。
 高校までの『日本史』の教科書に書かれる一面だけでなく、芸能史・地理学・民俗学・美術史など、さまざまな面から書かれた史料を読み、いままで知らなかった歴史の解釈や、新たな仮説を知ることで学びを深めます。
 
もっと詳しく

社会専攻

shakai
 社会は、政治・経済・思想・文化といった、さまざまな視点から解明することができます。そのために社会現象の流れを歴史的にとらえ、原因をさぐるための社会調査手法を学びます。グローバリズム・環境・メディア・ジェンダーといったさまざまな社会現象と自分との関わりを理解し、問題に向き合って調査・研究を進めます。
 
 
 
もっと詳しく

※ 専攻ごとの詳しいカリキュラムや卒業研究テーマ例、教員にきく専攻の学びなどは大学ウェブサイトでチェック 
 
 

s_year2

あたらしい社会を創造する「ソーシャルデザイン」の手法

 2年次前期は、「ソーシャルデザイン・プログラム」で身近な暮らしの課題からグローバルな問題まで、社会の課題を楽しみながら解決する方法を学びます。文系の知識をフル活用して社会を変革するアイデアを生み出していく、“文系ソーシャルイノベーター”を育成します。
>ソーシャルデザイン・プログラムについてもっと詳しく知りたい

 
 

3年次 前期 異文化の“現場”で半年間の体験学習

各専攻の専門領域を深め、獲得した知見を実際にフィールド(現場)で検証する。自分とは異なる文化のなかに身をおくことで、多様な価値観をもつ他者や社会を体験的に理解し、新たな視野を手に入れる。

s_year3
 
 3年次前期には、全員がキャンパスを離れて海外10拠点をはじめとする国内外のフィールドで体験的に学習する「フィールド・プログラム」を実施。半年に渡って、“現場”に身を置くことで価値観の多様性を五感でつかみ、自分自身と自分を取り巻く地域や環境への新たな視点を獲得します。
>フィールド・プログラムについてもっと詳しく知りたい
 

+ 各専攻が開講する展開科目を履習することで他分野も学び、視野を広げる展開科目 ※2年次から履修可能

 
 

4年次 卒業研究

s_year4
 
3年次までに深めた人文学の知見をもって、自分の考えをかたちにすることに取り組む。関心のあるテーマについて、教員の指導のもと調査・研究し、その成果を論文にまとめる。

〈取得できる資格〉 
● 教育職員免許
  文学専攻
  中学校教諭一種免許状(国語)、高等学校教諭一種免許状(国語)
  歴史専攻
  中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  社会専攻
  中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(公民)
 
● 図書館司書
● 博物館学芸員

 

卒業後の進路



● 企業の営業・販売・接客・商品企画職
● 編集・ライター・クリエイティブ職
● NPO・NGO職員
● 学校教員、教育機関職員、公務員
● 文化施設職員、図書館司書
● 大学院進学

>卒業後の進路についてもっと詳しく精華大学ウェブサイトで見る

 
 
 
 
 


Copyright © Kyoto Seika University. All rights reserved.