京都精華大学TOP > 学部・大学院 > マンガ学部 > ストーリーマンガコース


学びのポイント

  • 日本でもっとも早くマンガ教育に取り組んできた精華では、「プロフェッショナル」なマンガ家を育てるためのカリキュラムをつくり上げてきました。とくに力を入れているのが、画力と物語力をきたえること。そのため、1、2年次から基礎的な画力をきたえると同時に、さまざまなテーマで徹底的にネーム(マンガの設計図)制作を繰り返し、読者をストーリーに惹き込む物語力を身につけます。その成果はマンガ業界でも大きな注目を集めており、毎年多くの在学生がコミック誌でデビューを飾ります。連載マンガを担当する卒業生もあとをたちません。ここは、プロのマンガ家にいちばん近い場所です。

4年間の学び

  • ストーリーマンガ1年次
    • 1年次●
    • プロのマンガ家に必要なスキルって?
  • 1年次は、まずマンガの構成要素を理解することからはじまります。マンガ特有の画材に慣れながら、効果線や動線などの技法を習得します。また、人物の骨格や筋肉、パース(遠近法)の理解を深める授業も、基礎的な画力をやしなうためには欠かせません。さらに、自分が表現したいことを読者にどうやって伝えるかも大切です。キャラクターデザインや一枚絵の課題から、コマ配置や白黒のバランスなどをプロのマンガ家である教員から直接学びます。ストーリーを生み出す発想力も身につけます。過去の名作マンガに学ぶ授業、脚本の構造を分析する授業、編集者からの視点を学ぶ授業などから、アイデアの基盤づくりを行います。そして、1年間の最後には8ページの短編マンガを制作します。

1年次で身につく力

● マンガの構成要素を理解する力。● ペンを使うスキルや画力。
● 読者に伝わるコマ配置の知識。

  • ストーリーマンガ2年次
    • 2年次●
    • 読者をつかんで離さない物語づくりのテクニック。
  • 本格的なストーリーマンガの制作がスタート。「はじめてのおつかい」「けんかしたふたりが仲直りする話」などのテーマに沿って、8~16ページのネーム(マンガの設計図)を繰り返し制作し、最後のページまで読者を惹きつける物語の構成や発想のコツ、制作のスケジュール感覚を身につけます。完成したネームは複数の教員のさまざまな視点から添削を受け、読者を意識した作品に仕上げます。また、カラー原稿を制作するための色彩感覚やスキルを習得することで、表現の幅はもちろん、将来の活躍の舞台も広がります。進級制作では16~24ページのマンガを制作。少しずつ増えるページ数を乗り越えれば、自分がより一歩プロへと近づいているのを実感できるでしょう。

2年次で身につく力

● 読者を惹きつけるストーリーづくりの力。● カラー原稿の制作スキル。
● プロに不可欠なデジタルスキル。

  • ストーリーマンガ3年次
    • 3年次●
    • 自分だけの作風でプロの世界に挑戦。
  • プロにさらに近づくため、少人数制のゼミを複数選択し、自分の伸ばしたいスキルを集中的に学びます。映像作品をマンガにするゼミや、学生同士でディスカッションしながらひとつの物語をつくるゼミ、自分で取材した内容をもとに作品をつくるゼミなど、さまざまなタイプのゼミが開講されます。プロのマンガ家や編集者として活躍する教員の指導を直接受けながら、オリジナル作品を構築するためのスキルや知識、発想法などを習得します。また、夏休みには「アシスタント研修」もあります。有名マンガ家の仕事場で、アシスタントとして実際の原稿制作にたずさわります。プロが作品をつくり上げていくプロセスを間近で体感しながら、これまでに身につけた実力を現場で試すチャンスです。

3年次で身につく力

● オリジナル作品を描くために必要な発想法、技術、個性をみがきあげる。
● プロに学び、実践力を身につける。

  • ストーリーマンガ4年次
    • 4年次●
    • 「卒制でデビュー」はよくある話。
  • さまざまな学びと経験を活かし、4年間の集大成となるマンガ制作に取り組みます。教員とのミーティングを重ねてつくり上げる作品は、恋愛ものやファンタジー、50ページ超の大作などさまざま。完成したマンガを新人賞へ投稿したり、出版社へ持ち込んでそのままプロデビュー作になったというケースもめずらしくありません。
    1年間をかけて描き上げたマンガは京都国際マンガミュージアムでの卒業制作展にて展示されるほか、ゼミごとに作品集も制作します。展示の準備や作品集の編集は学生主体。ともに学んできた仲間たちと力を合わせて、作品発表に挑みます。この4年間は、卒業後も競い合える作家仲間でありライバルに出会う場でもあるのです。

4年次で身につく力

● 技術と思考、経験といったいままでのすべてを注ぎ込んで、
  夢を実現させるマンガを完成する力。

卒業後の進路 各学部の進路

マンガ家への最短ルートであるストーリーマンガコース。在学中にデビューを果たす学生も少なくなく、これまでに商業デビューした学生は数えきれません。また、マンガを描き上げるために必要な、企画から取材、ストーリー制作、作画をひとりでやりとげる能力は、社会で広く役立ちます。

  • ● プロのマンガ家としてマンガ雑誌で活躍
  • ● マンガ家を支えるアシスタントに
  • ● ゲームメーカーやエンタテインメント業界へ
  • ● マンガを教える教員になる人も

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ