学びのポイント

  • イラストは、絵にメッセージを込めて、社会に「伝える」ための表現。ポスターや広告などのメディアを通して、人の心をとらえたり、ものの魅力を伝えたり、情報を届けたりと、社会とのコミュニケーションをはかるための役割をもちます。イラストコースでは、「描くこと」と「伝えること」がカリキュラムの基本です。1・2年次は「描くこと」が中心。クリエイターに必要な豊かなイメージや感性をやしないながら、基本的な描画力はもちろん、日本画やテンペラ、銅版画、写真などさまざまな技法を学びます。3年生からは自分の表現を深めると同時に、誰に、何を、どのように「伝える」のかが学びの中心になります。

4年間の学び

  • イラスト1年次
    • 1年次●
    • 豊かなイメージをやしない、感受性やセンスをみがく。
  • 「イメージ表現」は、あらゆる表現のみなもととなるイメージを豊かにし、感受性やセンスをみがくトレーニング。たとえば「色とは何か」を感覚的に理解するための課題では、三原色のインクを紙の上に垂らし、色がにじんだり、にごったりしながら混ざり合い、新たな色が生まれる様子を観察することで、色彩そのものがイメージとして次々と頭のなかに展開していくことに気づくでしょう。実験や遊びのような課題を繰り返すなかで、色やかたち、画面空間についての認識が変わり、想像力や構成力をやしないます。
    また、「デッサン」では基本的な描画力、「立体表現」では立体や空間に対する感覚を身につけ、「日本画」では伝統的な技法と画材にふれます。

1年次で身につく力

● 基本的な描画力、構成力。
● 豊かな感受性と、頭のなかで広がるイメージ力。

  • イラスト2年次
    • 2年次●
    • 自分だけの「線」の魅力を発見する。
  • 引きつづき「イメージ表現」は重要な科目。2年次は絵を描くうえでもっとも基本的な要素である「線」に着目します。一人ひとり筆跡が違うように、一人ひとりが違う個性の「線」をもっています。課題では、踊る人物、走る馬、映像、ポートレートなど、さまざまなモチーフをさまざまな画材を使ってドローイングしていきます。イメージを徹底的に手で「描く」ことで、自分でも気づかなかった「線」の魅力や味を発見していきます。技法系の科目では、「銅版画」「シルクスクリーン」「テンペラ」「写真」などのなかから自分に合った技法をみつけ出し、表現の幅を広げるチャンス。コンピュータソフトの基本スキルを習得する「CG演習」も、表現技法との出会いのひとつです。

2年次で身につく力

● イメージを自分の「線」で表現する力。
● 幅広い描画技法の知識と、技法を自在に扱う力。

  • イラスト3年次
    • 3年次●
    • 誰に、何を、どのように「伝える」のか。
  • メディアを通して社会にメッセージを「伝える」ことを主眼におき、クラスに分かれて専門的に学んでいきます。『イラスト&ブックス クラス』では、メディアのなかでのイラストの役割を理解し、主に手で描くことで個性的な表現を確立していく「イラストレーション」と、絵本の理論から実制作までを学ぶ「絵本」の授業が中心。『アート&デザイン クラス』では手で描くことに加え、写真、コラージュ、デジタル加工などを駆使し、インパクトのある表現を追求する「ビジュアルアート」と、ポスターや広告、雑誌などの実践的なビジュアルコミュニケーションやグラフィックデザインを学ぶ「ビジュアルデザイン」の授業で専門性を深めます。また、展覧会なども企画し、作品を社会に発信していきます。

3年次で身につく力

● 自分のスタイルを確立し、表現を深めていく力。
● メッセージを社会に伝える力。

  • イラスト4年次
    • 4年次●
    • プロになるために、社会とつながる。
  • 最後の1年は、どちらのクラスも各々の進路をみすえての個人制作が中心となり、作品の完成度やクオリティを高めていきます。就職活動もフリーランスや作家としての活動も、作品やポートフォリオを充実させ、自分自身を社会に向けて発信し、プレゼンテーションしていくことが必要。そのため、学生の個性や適性をよく知る教員との面談を繰り返し、希望進路に合わせた個人指導が行われます。後期は、4年間の集大成としての卒業制作に取り組みます。また、企業とのコラボレーションやクライアントから依頼されて作品を制作し発表するプロジェクトも豊富。あなたの表現が社会とつながることを体験できる機会です。これらの体験は、卒業後の進路への足がかりとなります。

4年次で身につく力

● 作品のクオリティを高め、世の中に発信すある力。
● 社会とつながるための総合力。

卒業後の進路 各学部の進路

3年次からの専門性の高い学びは進路に直結。フリーのイラストレーター、絵本作家、アートの領域での作家活動、企業や事務所にデザイナーなどのクリエイターとして就職するなど、自分の表現を活かし、さまざまな領域で活躍。また、「伝える」力を利用した、一般職への就職率の高さも特徴です。

  • ● イラストレーターとして活躍
  • ● 絵本作家として作品を出版
  • ● ビジュアルアーティストになり作品を世界に発表
  • ● 広告や雑誌のグラフィックデザイナー

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ