歴史専攻

歴史専攻
高校までに学ぶ歴史には、数々の武将や偉人が登場します。しかし、国や時代を動かしてきたのはそうした一部の英雄だけではなく、一般の人びとだったはず。
歴史専攻では、日本史を中心に民衆の視点から歴史をとらえ、それぞれの時代の文化や暮らしを学びます。古代から近現代まで、教科書に書かれる一面だけではなく、多面的に日本史を考える広い視野をやしないます。一つひとつの出来事が積み重なり、現代の思想や文化、価値観が築かれてきたことを知り、未来に活かすことができるのが歴史専攻の魅力です。
当時を生きた人間の姿、生き方から、自分自身の生き方や社会のあり方を考える力を身につけます。

4年間の学び

1年次では、哲学をはじめとする人文学の基礎教養を身につける授業と言葉の力を身につけるプログラムを実施。2年次より専攻に分かれて学びます。
  • 2年次
    京都を舞台に歴史を学ぶ
    醍醐味を知る。
    古代から近現代までの歴史の変遷を知り、歴史研究における史料の収集法、扱い方、読み解き方を基礎から習得します。地域史、社会史、民衆史の3つの軸を中心に、高校までに学んだ日本史とは異なる角度から歴史をひもときます。それぞれの時代の政治や経済、文化、民俗、芸術などを学ぶ授業も実施。当時の人びとの生活を多面的に学びます。また、京都という立地を活かし、文献資料の研究や実際に史跡に足を運ぶフィールドワークも行います。
  • 3年次
    異文化の地で
    過去と現在を学ぶ。
    前期はフィールド・プログラムに参加。国内外のフィールドに1学期間滞在し、異文化の地で多様な価値観を身につけます。その土地の歴史を学んだり、海外で日本史との比較を行ったり、それぞれの研究テーマを深めます。後期には再びキャンパスに戻り、興味のある時代の出来事や人物から専門分野を絞り、ゼミで学びます。さまざまな立場から書かれた史料を読みとくことで、新たな仮説や解釈を生み出し、4 年次の卒業研究へつなげていきます。
  • 4年次
    過去を探求し、
    未来に活かす。
    ゼミの教員の指導のもと、卒業研究に取り組む1 年間。史料講読や京都でのフィールドワーク、国内外でのフィールド・プログラムを通して身につけた歴史に対する独自の視点から史実をとらえ、研究テーマを論文にまとめます。過去の人物の行動の背景にある社会的要因や人間関係を探求し、人間の本質や現在の社会への理解をさらに深めていきます。歴史専攻で学んだ、過去の人間や社会への考察は、現代の社会を知り、未来をかたちづくる大きな糧となります。

卒業論文テーマ例

  • 「伝統芸能」が”生きる”ということ  -愛知県愛知郡東郷町祐福寺地区の  祭囃子保存会の活動事例から-
    これまで記録に残されることがなかった同地区の祭囃子の歴史を記述し、現在の祭囃子保存会の現状と課題を整理する。地域の「伝統芸能」を地域住民(保存会)はどのようにとらえているのか、現在の地域社会とそこで暮らす人びとにとって「伝統芸能」を保存することにどのような意義があるのか、当事者の声から考察する。
  • 敗者としての武士-幕末・戦国・安土桃山時代-
    幕末と戦国・安土桃山時代の歴史上で「敗者」と呼ばれる武士をテーマにして論じる。時代をつくったのは、歴史に華々しく名を残す勝者だけであると思われる節があるが、敗者も歴史をつくり上げた一部であり、歴史は一側面からだけでなく、多方面からみる必要がある。幕末では「新選組」、戦国・安土桃山時代では「西軍」を取り上げて考察する。
  • 戦国時代の家紋・旗・馬印~由来と込められた思い~
    戦国時代に「徳川四天王」と呼ばれた4人の武将、酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政を題材に、彼らが家紋、旗、馬印に込めた「思い」や由来を探る。家紋のはじまりから、旗、指物、馬印の説明、4人の略歴、「徳川四天王」と呼ばれた所以などの調査から、武将たちが家紋や旗、馬印にどんな思いを込めて戦国の世を生きたかを述べる。
教員に聞く|歴史専攻

歴史という物語から、自分たちが生きる現在と、これからの未来について考えてほしい。

京都の中心部、三条大橋のたもとに高山彦九郎の像があります。この人物は江戸末期に全国を行脚して尊王論を説き、幕末の志士にも多くの影響を与えたことで知られ、旅先でのさまざまな人びととの交流を日記に残しています。その日記をたよりに京都の街を歩くと、歴史という「物語」が、現実に起こった「出来事」として理解できるようになります。幕末期の史跡が多く残る京都は、歴史をフィールドワークで学ぶにはもってこいの場所といえるでしょう。歴史は過去のものですが、現在の自分たちがおかれている状況が、どのように成立したのか、あるいは過去にどんな失敗があったのかを学ぶことができ、それをもとに未来について考えることができるのです。 歴史専攻 岩本真一(専門:日本近現代史/思想史)

カリキュラム表
ページトップへ