京都精華大学TOP > 学部・大学院 > デザイン学部 > デジタルクリエイションコース


学びのポイント

  • ゲーム、Web、アプリ、CG、ソーシャルメディア・・・・・・。デジタルクリエイションコースがめざすのは、こうしたデジタルツールを使って、人を動かし、みんなをワクワクさせること。そして、デジタルで“楽しい”しかけをつくり出し、世の中をもっとワクワクする場所に変えること。そのための技術と、反応を呼び起こす「アイデア」をきたえるのがこのコースの学びです。授業では驚きや笑い、誰かに伝えたい!という反応をつくり出すしかけを徹底的に研究したり、人を巻き込むアイデアを考えたり、ゲームを体感できる空間をつくったり、心地いい感覚を楽しめるアプリを開発したりと、アイデアをかたちにしていきます。

4年間の学び

  • デジタルクリエイション1年次
    • 1年次●
    • 「反応」を起こすデザインのつくり方。
  • この1年間は、グラフィックデザインコースの学生とともにビジュアルデザインの基礎を習得。1年間を通して〈文字と図像〉〈感覚デザイン〉〈アイデア&コミュニケーション〉の3分野に取り組みます。たとえば「挨拶」「感謝」「怒り」などを、言葉を使わずにLINEスタンプのようなビジュアルで伝えるコミュニケーションの授業や、さまざまな素材を用いて「顔」づくりに取り組むキャラクターデザインの授業。さらに、心地いいかたちを探るために目隠しして石鹸を彫刻する感覚デザインの授業など、実際のデザインの現場で求められる基礎知識や技術、アイデアの発想法を、ユニークな授業を通して学びます。一方で、写真や動画、Webなどデジタルツール習得の選択授業もあります。

1年次で身につく力

● アイデアの発想法、Web制作スキル、キャラクターデザイン、描写力など、
  デザインの基礎知識と技術。

  • デジタルクリエイション2年次
    • 2年次●
    • みんなをワクワクさせるしかけづくり。
  • 2年次は、デジタルクリエイションコースに特化した授業を受けます。「ムービー」「プランニング」「インタラクティブ」を3本柱に、世の中をワクワクさせ、反応を起こすデザインをつくり出すために必要なスキルをみがきます。「ムービー」の授業では、手描き・3DCGムービー、モーショングラフィックスなどの制作スキルを習得。「プランニング」では、企業から依頼された課題やイベント企画などにより、人が反応する“しかけ”を考える力や、プレゼンテーション力をみがきます。「インタラクティブ」は、Webコンテンツやアプリ、ゲームなど、ユーザーにとっての“楽しい”をつくり出すスキルを学ぶ授業。これらを通して、世の中に反応を起こすアイデアの出し方、しかけのつくり方を学びます。

2年次で身につく力

● ムービー、Webなどデジタルツールの制作技術。
● 人が反応するしかけづくりのノウハウ。

  • デジタルクリエイション3年次
    • 3年次●
    • スマホゲームだってプロデュースできる。
  • 3年次は、再びグラフィックデザインコースの学生とともに、グループ制作を通して学びます。複数のプロジェクトのなかから興味に合わせて選択し、実際の仕事現場さながらに専門性をもった者同士がチームを組んで取り組みます。
    たとえば、「飲食店を立ち上げる」「スマートフォンゲームアプリをリリース」「新しいWebサービスをつくる」など、実社会と関わるプロジェクトばかり。デジタルクリエイションコースの学生は、ロゴやイメージを使って、どう人の反応を生み出すか、どう人と人とをつなぐかというしかけを考え、つくり出すことを得意としています。実際のデザインの現場と同様に、得意分野をもちよることで社会や企業の課題を解決していくのです。

3年次で身につく力

● 社会や人の暮らしに対する広い視野と、アイデアを世の中に発信する方法。
● グループでプロジェクトを進める力。

  • デジタルクリエイション4年次
    • 4年次●
    • あなたはどんな“楽しい”をつくる?
  • 最後の1年は、一人ひとりが卒業制作に取り組みます。デジタルクリエイションコースの卒業制作作品は幅広く、「ありがとう」という感謝の言葉を1回あたり100円の価値に換算し、それを慈善団体に寄付する仕組みをつくった学生、Twitterにあるハッシュタグをつけてつぶやけば、誰もが映像に言葉を流すことができるインスタレーション作品をつくった学生、iPhoneアプリゲームをつくった学生など、新しい表現が発掘できる分野ならではのバリエーションの豊かさです。4年間で学んだデジタルスキルは、新しいコミュニケーションを生み出す手段です。社会に出てから得意分野が活かされる場は無数にあるのです。

4年次で身につく力

● 自分のアイデアやメッセージを社会に発信する力。
● コミュニケーションづくりのノウハウ。

卒業後の進路 各学部の進路

多様なデジタルツールを扱うスキルと、グループ制作からつちかわれる企画力や発想力、プロデュース能力は、IT企業やWeb業界はもちろん、さまざまな業界で活かせます。卒業生には、クリエイティブ企業で働く人、フリーランスのデザイナーや映像作家、新たな仕事を生み出す人などがいます。

  • ● 新しいゲームを生み出すクリエイター
  • ● CGや映像などのクリエイター
  • ● Webプロダクションのデザイナーやディレクター
  • ● 独立、起業し、新たなコンテンツをつくる

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ