京都精華大学TOP > 学部・大学院 > マンガ学部 > アニメーションコース


学びのポイント

  • 人がアニメーションに夢中になる理由は、アニメーションが「動き」の表現だからです。画面を飛び出しそうな躍動感で魅せることはもちろん、登場人物の歩き方ひとつで、そのキャラクターの年齢や性格、感情までを表現することができます。アニメーションコースではまずこの「動き」の大切さを知り、それを表現するための理論と技術を学びます。同時に、「動き」を表現するための技術、つまり手で描く作画力と、デジタルツールを使って絵をつくり上げる技術をみがくことも大切にしています。さらには、企画、演出、撮影、音響効果なども学び、4年間でアニメーションをつくるために必要な知識と技術を身につけます。

4年間の学び

  • アニメーション1年次
    • 1年次●
    • □(四角)だけで喜怒哀楽を伝える?
  • アニメーションコースが大切にしているのは、「動き」の理解と画力の習得。1年次はまず、デッサンやレイアウト、色彩構成など絵を描くための基礎的な技術を身につけます。そして、アニメーションの本質である「動き」を理解するための授業では、単純な図形である□(四角)を動かします。動く速度や軌道を変えることで、単なる図形であっても動きのなかにさまざまな感情や思い、考えが表現できることに気づくでしょう。さらには、現在のアニメーション制作に欠かすことのできないCGアニメーションの制作スキルも学びます。1年次は、アニメをみる側からつくる側へ自分の考えをシフトする時期。これらの学びは、「動き」を表現するプロになるための第一歩になります。

1年次で身につく力

● アニメーションの基礎となる「動き」についての知識。
● 手で描く作画力とCGスキル。

  • アニメーション2年次
    • 2年次●
    • ほかにはない最高の設備と環境で。
  • 1年次に身につけた基礎をもとに、さらに深く、広く、アニメーションを学びます。
    手描きアニメーションを学ぶ授業では、動きを表現するための画力をさらに高め、ひとりで短編の制作ができるまでのスキルを身につけます。また、能やパントマイム、フラメンコなど世界各国の芸能の実演を鑑賞し、地域や文化の違いを体感することで「動きとは何か」をより深く追求していきます。さらには、BGM、効果音、セリフといった「音」について学ぶ授業もスタート。全国でも有数の音響設備をフル活用して、アニメーションのための録音や音づくりの技術を学びます。また、キャラクターを少しずつ動かして撮影するストップモーションアニメーションを学ぶ授業も用意されています。

2年次で身につく力

● さらに高度な手描きとCGの作画力。● 背景美術に関する知識と作画力。
● 音に関する知識。

  • アニメーション3年次
    • 3年次●
    • 想像をかたちにする本格的な制作へ。
  • 本格的なアニメーション制作に挑戦する年。制作をはじめるにあたり、企画の立て方や絵コンテの描き方などを学びます。そして「なぜアニメーションをつくるのか」「どのようなアニメーションをつくるのか」を問いなおし、アイデアをみがき上げます。制作者として一人前になるためには、自分のアイデアを作品にするために何が必要かを考えられる力が大切だからです。また、3DCGモデリング、音響制作の専門技術や演出力を習得し、実写の映像制作にも挑戦。つくり手に必要な総合的な力を身につけます。
    後期からは、卒業制作の準備がスタート。アニメーションの現場ではチームで役割を分担するため、グループで企画を考え、作品をつくる授業が多いのもこの学年の特徴です。

3年次で身につく力

● 自分のつくりたい世界をアニメーションとして表現する力。
● グループで作品をつくり出す力。

  • アニメーション4年次
    • 4年次●
    • あなたの「動き」を世界に解き放つ。
  • これまで練り上げた企画、絵コンテなどをもとに、アニメーション制作の第一線で活躍する教員とのミーティングを重ねて卒業制作に取り組みます。長い期間をかけて1本の作品をつくるにはスケジュール管理が大切。グループ制作で学ぶ作業分担とコミュニケーションは、プロの現場に入っても役立つ経験です。卒業制作には、今後もアニメーションに関わっていくために重要なことが詰まっています。完成する作品は、手描きタッチのものや、フル3DCG、ストップモーションなどさまざま。卒業制作は4年間の集大成であると同時に、プロの舞台へと踏み出す第一歩。社会からも高く評価され、コンペや芸術祭で賞を受賞するほか、この作品を足がかりに進路を決める人も少なくありません。

4年次で身につく力

● 作品を最後までつくり上げる力。
● アニメーションにまつわる総合的な知識と技術、そして演出力。

卒業後の進路 各学部の進路

学生作品が数々の賞を受賞するなど、学びの成果が高く評価されているこのコース。卒業後もアニメーション作家として、アニメーション制作会社で活躍するクリエイターを数多く輩出しています。確かな作画力とCGや音響のスキルをもてば、多様な表現領域で活躍できます。

  • ● ゼロから作品をつくり上げるアニメーション作家や監督
  • ● 動きの表現力を活かすゲーム業界のクリエイター
  • ● アニメーション制作会社や映像プロダクションで活躍 
  • ● CGや音響などの演出家や技術者

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ