文学専攻

文学専攻
文学には、それぞれの時代に生きた人びとの思想や文化、歴史が反映されています。たとえば、何を着てどのように生活をしていたか、あるいはどのような苦労や喜びがあったかなど、文学を読みとくことで人間の在り方がみえてきます。文学専攻では、日本文学を中心に上代から近現代までの小説や詩歌、戯曲、評論、随筆などあらゆるジャンルの文学作品から日本語の世界を探求します。また、世界中の文学作品にふれる授業も開講。日本文学と比較することで、背景にある価値観の違いや海外の文学が日本文学に与えた影響などをより深く理解していきます。 幅広い文学作品にふれ、人間の本質や多様な価値観を知ることで、今を生きる自分をあらためてみつめなおし、未来を創造する力を身につけます。

4年間の学び

1年次では学部共通で哲学をはじめとする人文学の基礎教養を身につけるカリキュラムと言葉の力を身につけるプログラムを実施。2年次より専攻に分かれて学びます。
  • 2年次
    さまざまな時代の文学作品を
    通して、日本を知る。
    少人数のゼミに所属し、上代・中古・中世・近世・近現代の時代ごとに分けられる文学研究の手法を身につけます。自分の興味関心や深めたいテーマをもとに、上代から近現代までのなかから2つの時代の文学を選択。広い視野をもって文学を探求します。さらに、興味のある時代の文学作品講読や作家研究などを行い、文学や言葉の深みを味わいます。原典をじっくり読み込む講読を通じて、文章表現の奥深さを知ることができ、文学のおもしろさが広がっていきます。
  • 3年次
    異文化にふれ、
    世界に通じる文学の力を知る。
    3年次の前期はキャンパスを離れ、フィールド・プログラムに参加。国内外の異文化コミュニティで暮らしながら、それぞれの研究テーマを深めていきます。日本文学に描かれる人間の普遍性を発見したり、世界共通の文学の価値を目の当たりにするなど、現場でしか学べないものを吸収します。後期には、卒業研究をみすえ、ゼミや講読科目を選択していきます。文学の背景にある歴史や社会も学部共通の展開科目群から受講することができ、広く深く学ぶことができます。
  • 4年次
    独自の視点から
    卒業論文をまとめる。
    ゼミの教員の指導のもと、卒業研究に取り組みます。3年次のフィールド・プログラムでの経験から新たな研究テーマをみつけたり、興味のある時代や作家の文学作品を一貫して追求したり、それぞれの学びの集大成を自分なりの視点で論文にまとめます。さまざまな文学作品にふれることで身につけた、人間の在り方や本質をみつめる広い視野と深い考察力、他者へ自分の考えを伝える表現力は、卒業後もあらゆるシーンで活きる力となります。

卒業論文テーマ例

  • 日本近代演劇の成立とその超克―平田オリザの現代演劇論―
    西洋社会で生まれて輸入、翻訳された「近代演劇」は、日本ではどのようにとらえられてきたか。劇作家平田オリザは自ら提唱する「現代口語演劇」の中で、日本社会における日常的な「対話」を軸に演劇を体系化した。この「対話」から「西洋近代演劇」を考察し、日本の「近代演劇」の成立と、それをいかに乗り越えることができるかを論じた。
  • 現代版『青い山脈』としての『コクリコ坂から』―映画が希望を語るとき―
    2011年7月にスタジオジブリによる映画『コクリコ坂から』が公開された。この作品と深い関係があるのが、1947年に「朝日新聞」に連載された小説『青い山脈』である。1963年に映画化され、敗戦後の日本を元気にしたといわれる『青い山脈』と、東日本大震災後に公開された『コクリコ坂から』。二つの作品から、人びとに与える希望について考察する。
  • 人格者の「憂き事」―樋口一葉『たけくらべ』に関する―考察―
    明治期の短編小説『たけくらべ』には、主人公の少女美登利の変貌に関する論争がある。この論争は、物語終盤、美登利が生まれ変わったような身の振る舞いをするその理由をめぐって行われている。論文では、美登利の「人目」に対する「憂き事」に着目し、美登利の変貌論に「人目」という観点を取り入れることを試みる。
教員に聞く|文学専攻

物語に込められた真実と、作品が生まれた原風景を求め、わたしたちの生き方を再発見する。

京都市下京区の裏町にひっそりと佇む夕顔塚。『源氏物語』に描かれた幸薄い女のモニュメントですが、実際に塚が築かれたのは、庶民の間で作品が読まれるようになった江戸時代でした。当時の名所記をひもとくと、夕顔塚の図と恋する女の心情がつづられており、わたしたちは古い物語の真実をみいだすことになります。では、人びとはなぜこれほどまでに哀れな女の物語に心ひかれたのでしょうか?儚い恋に生きる夕顔塚の女をめぐる、時代をこえた共感を理解することは、じつはわたしたち一人ひとりの心に潜む「人間とは何か」の再発見へとつながるのです。物語の真実を通して人間を知り、自分を理解する。文学の正体をきわめることは、世界を幅広い視野でみるための第一歩となります。 文学専攻 堤 邦彦(専門:日本近世文学/説話伝承史)

カリキュラム表
ページトップへ