京都精華大学TOP > 学部・大学院 > マンガ学部 > 新世代マンガコース


新世代マンガコースがめざすこと

「新世代マンガコース」は、マンガの新しい可能性を広げ、次世代のマンガ家を育むことをモットーに新設しました。
紙の本によって収益を得るビジネスモデルが大きな変革期を迎えている今、これからの「描き方・読み方・売り方」に即応できるカリキュラムを用意して、新しいスタイルで発信できる作家を養成します。
その作家像は、従来の職人的なマンガ家のそれとは違う、プロデューサーやマーケッターの資質を兼ね備えた総合的なエンタテインメントの創作者です。

4年間の学び

1年次 基礎力

マンガを描くうえで基本となる、ネーム制作やペン技法など、ストーリーマンガコースが培ってきた作画技術の基本を学びます。またデジタル作画技術の基本もあわせて習得することをめざします。

2年次 応用力

マンガ、ゲームのビジュアルイメージ、ライトノベルのイラストなどの作品企画、プレゼンテーションを行う機会を通じて、調査・取材、プランニング、マーケティングの基礎を修得します。

3年次 実践力

ゼミ別の授業を履修し、技術力、表現力、プレゼンテーション力をさらに深めていく期間。また、より実践的に実際のメディアでの発表を行い、セルフプロデュースの経験を積み重ねます。

4年次 総合力

3年次の実践的な演習をさらに進化させて、その成果物を卒業制作とするゼミを設置。4年間の学びの集大成に取り組みます。また、各ゼミごとに、在学中にデビューする学生の支援を行います。

卒業後の進路イメージ

卒業後の進路は、Webで連載するマンガ家、発想力と構成力をもつマンガ原作者、バラエティ番組の放送作家や構成作家、Webコミックサイトの編集者といった、次世代に活躍できる総合的なエンタテインメント創作者を想定しています。

新世代マンガコース特設サイト

マンガを一生の仕事にするための「セルフプロデュース能力」など、新世代マンガコースならではの特別なカリキュラムについて動画を交えて詳しくお伝えします。

ページトップへ