柳沢 菜々先生インタビュー

2015/12/25

 
 
04

Q.人文学部ではどんな授業をする予定ですか?

A.「千年以上前の人の声を聞く」具体的な方法も紹介したいですね。

人文学部では、「日本史研究」「京都の歴史」、そして私の専門研究についてお話する「日本古代史特講」を担当します。

「日本史研究」は、日本史を専門とする先生方とのリレー講義。おそらく、古代史を担当する私はトップバッターになるでしょうね。古代史といっても、「○○天皇の次は誰が権力を握って…」というお話はしません。まずは、弥生時代から飛鳥、奈良、平安時代へと「古代の人々の暮らしはどう変わっていったのか」を中心にお話したいと思います。

「京都の歴史」では、京都が京都になる前の時代に注目したいと思っています。平安京以前の京都は、奈良の都に務める官人たちのベッドタウン。また、かつての南山城は大和にとって最大のライバルであり、切っても切れない関係でした。平安京以前の京都を知れば知るほど、そこに平安京がやってくるというインパクトをより深く理解できると思います。

「日本古代史特講」では、私の専門である古代史研究についてお話します。
もちろん、「千年以上前の人の声を聞きましょう」と言っても、その方法がわからないと思います。まずは、古代史研究のための資料とその扱い方を紹介していきたいと思います。

 
 
 

 
 


Copyright © Kyoto Seika University. All rights reserved.