inauguration

京都精華大学人文学部客員教授に養老孟司氏と内田 樹氏の就任が新たに決定

2014/09/30

京都精華大学人文学部は、2015年4月にカリキュラムを一新。文学、歴史、社会に対する学びを基盤に、人間と社会の本質を探究し、人文学の思考によって社会の諸問題に向き合える人材の育成をめざします。
そこで、人文学の領域において、日本を代表する養老孟司氏と内田 樹氏の2名を客員教授にお招きすることが決定しました。就任予定年月日は2015年4月1日です。
 
養老氏は、解剖学者として東京大学医学部等で長年活躍してこられました。著書も多く、『からだの見方』で1989年にサントリー学芸賞を受賞、2003年出版の『バカの壁』は同年のベストセラー1位となり、毎日出版文化賞特別賞を受賞しています。
専門分野である解剖学のほか、哲学や思想、社会学はもとより、マンガやテレビゲームにも造詣が深く、解剖学を中心とした多角的な視点で人間や現代社会への探求を続けてきた、他にはない研究者、識者といえます。そのような養老氏の独自の視点とこれまでの研究業績が、本学学生にとって大きな影響を与えることを期待し、客員教授への就任にいたりました。
 
内田氏は、神戸女学院大学名誉教授であり、哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家など幅広い分野で活躍されています。専門はフランス現代思想で、中でもフランスの哲学者エマニュエル・レヴィナス著書の翻訳、研究を重ねてこられました。レヴィナスを基点とするユダヤ人問題をテーマとした『私家版・ユダヤ文化論』で第6回小林秀雄賞を受賞、『日本辺境論』では2010年新書大賞を受賞するなど、著書も多数。そのほか、映画、武道論など著作のテーマは広く、現代社会にかかわる問題全般を対象としています。教育問題に対しても独自の考えを有し、高等教育の役割を学生自身の知性の活性化にあるとし、そのための欲動・姿勢をもたらすものでなければならないと語っておられます。このような考えを持つ内田氏から、本学学生への直接的な働きかけによる教育効果が期待されます。
 
 
両氏には、学生たちに対し年数回の特別講義をご担当いただく予定です。
 
 


 
新たに就任が決まった客員教授2名のプロフィール、就任にあたってのコメントは以下のとおりです。
 


養老孟司(ようろう たけし)
解剖学者、東京大学名誉教授
養老孟司氏
1937年、神奈川県生まれ。1962年に東京大学医学部卒業後、1981年から95年まで東京大学医学部教授。96年から2003年まで北里大学教授。
『唯脳論』など多数の著書があり、1989年には『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞、脳科学者の立場から人間社会のさまざまな事象を脳の機能や仕組みと結びつけて評論している。『バカの壁』(新潮社)は、03年のベストセラー第1位になり、同年度の毎日出版文化賞特別賞と流行語大賞を受賞。マンガやテレビゲームにも造詣が深く、京都国際マンガミュージアムの館長を2006年の開館時から務めている。
 

就任にあたってのコメント:
 
自分で考えるとはどういうことか、その方法を若い人たちに伝えられたらいいなあ、と思っています。

 
 


 
内田 樹(うちだ たつる)
思想家、武道家、神戸女学院大学名誉教授
uchida
1950年、東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論など。多田塾甲南合気会師範。主な著書に『ためらいの倫理学』『寝ながら学べる構造主義』『「おじさん」的思考』『先生はえらい』『街場の文体論』『内田樹による内田樹』など多数。2007年に『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞、2010年『日本辺境論』(新潮新書)で新書大賞2010受賞。2011年には第6回伊丹十三賞受賞。
 

就任にあたってのコメント:
 
みなさん、こんにちは。内田樹です。
このたび京都精華大学の人文学部にお招き頂き、研究教育のお手伝いをすることになりました。前任校(神戸女学院大学)を早期退職したときに、もう大学では教えないつもりでした。でも、竹宮学長とマンガについての対談本を作る過程で、この大学の教育理念と仕組みの風通しを知って感銘を受け、『こういう自由な大学が存在することが日本の未来にとって必要』と痛感して、ついそう申し上げたら、勢いで客員教授を拝命することになりました。ときどき大学に登場します。どうぞよろしくお願い致します。

 
 
 
 

LINEで送る

Copyright © Kyoto Seika University. All rights reserved.