京都精華大学TOP > 学部・大学院 > マンガ学部 > カートゥーンコース


  • 1 枚の絵でメッセージを表現するユーモア絵画、それが、カートゥーンです。1 枚の絵のなかにメッセージやストーリーを描き、みる人へ伝えるためには、高い画力と発想力が必要です。
    カートゥーンコースでは、クロッキーやデッサンを繰り返すことで徹底的に画力をきたえたうえで、独自の視点や表現力を身につけるカリキュラムが用意されています。高い画力と独自の発想力によって、自分の世界観を1 枚の絵に描けるようになると、未来の可能性が多様に広がります。
    イラストレーターやマンガ家、アニメーター、絵本作家、現代美術作家など、ユーモアあふれる表現は多様な分野で活かすことができます。

4年間の学び

  • カートゥーン1年次
    • 1年次●
    • すべての基礎となる画力と観察力をみがく。
  • 1年次はデッサンやクロッキーを通して、基礎画力と観察力を徹底的に身につけます。夏休みには、動物園に通ってクロッキーを500枚以上仕上げる課題に挑戦。なかには1000枚以上描く学生も。常に動き回る動物を対象とすることで、身体の構造や動きの特徴をとらえる観察力とすばやく正確に描く力を身につけることができます。1年次の終わりには、これまでに描きためたデッサンやクロッキーをもとに、大きなサイズの作品をつくる進級制作に取り組みます。自身の1年間の歩みを振り返りながら、作品を描き上げます。

1年次で身につく力

●対象を的確にとらえる観察力と確かな描画力
●モチーフを画面にレイアウトする構成力

  • カートゥーン2年次
    • 2年次●
    • 本格的なカートゥーン制作をスタート。
  • 2年次では、カートゥーンの基礎的な知識や発想法を学び、ユーモアの感覚をみがきます。最新のニュースや実在の人物などをモチーフに1コママンガを制作するなど、より実践的な課題に挑戦。また、社会の問題に興味をもち、それに対する自分の考えを1枚の絵として表現する力をやしないます。1年次に引きつづき、画力をきたえる授業も継続。ヌードクロッキーの授業では、人体の構造を解剖学的に学び、複雑なポーズの人体も描き上げる画力を身につけます。

2年次で身につく力

●カートゥーン特有のユーモアセンスと表現力
●人体の構造をとらえて描く力

    • 3年次●
    • 少人数ゼミで独自の画風を確立。
  • 少人数制のゼミがスタート。カートゥーン、絵本、アートの3つのジャンルから、将来の進路や自分の興味・関心に合わせてゼミを選択します。担当教員と直接対話しながら作品制作を進め、ていねいできめこまやかな指導を受けることができます。著名な作家やアーティストを招き、講義やワークショップを開講することも。第一線で活躍するゲストから幅広い表現やテクニックを学び、独自の世界観を深めていきます。また、将来をみすえ、ポートフォリオ制作や自己プロデュース方法、作家活動のノウハウも学びます。

3年次で身につく力

●カートゥーン、絵本、アートの専門性を身につける
●自分の視点で社会をとらえる力

  • カートゥーン4年次
    • 4年次●
    • 独自の視点と個性をぶつける卒業制作。
  • ゼミの担当教員とのミーティングを重ねながら、卒業制作に取り組みます。絵本やイラスト、絵画をはじめ、立体や映像作品など、その個性はさまざま。これまでにつちかった高い画力と感性は「もの」を描くだけではなく、込められたメッセージをも表現できる力として発揮されます。また、各種コンペ、マンガ賞への応募も積極的に参加。在学中に作家としてデビューする学生もめずらしくありません。社会へ作品を発信するための具体的な方法や作家としての生き方など、卒業後に必要となるノウハウを身につけます。

4年次で身につく力

●自分のテーマと表現スタイルを確立
●進路に応じて目標をかたちにする力

卒業後の進路 各学部の進路

描く対象を早く的確にとらえる圧倒的な画力を武器に、マンガや絵本の作家として活動をつづける卒業生が多くいます。それだけではなく、その表現力とユーモアセンスを活かしてデザイナーとして就職する学生も。身につけた力はさまざまな分野で活かせます。

  • ● イラストレーターや絵本、コミック作家として活躍
  • ● メッセージの表現力を活かしたデザイナー
  • ● たしかな画力と表現力をもつアーティスト
  • ● きたえた描画力をもったアニメーター

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ