• 映像をめぐる世界は、この数年で大きく姿を変え、スマートフォンや動画サイトの普及により、誰もが手軽に映像を撮影し、発信することができるようになりました。そんな映像への関心が高まっている今だからこそ、新しい映像表現が求められているのです。
    映像コースでは、映像そのものの力で人の心を動かす「アートとしての映像」を学びます。たとえば、建築物や人体などに映像を投影し、みる人を楽しませるプロジェクションマッピング、楽曲やアーティストの世界観を表現するミュージックビデオ、手描きやCG、クレイアニメなどのアニメーション…。日々進化するそれらの領域の先端的な表現を学び、みる人の心を惹き付ける映像作品を追求していきます。
    4年間を通して、映像制作のスキルを身につけながら、独自の表現をみがき、これまでにない新しい映像表現を生み出すクリエイターをめざします。

4年間の学び

  • 映像1年次
    • 1年次●
    • さまざまな映像表現の基礎を学ぶ。
  • アートアニメーション、ショートムービー、メディアアートの3つの領域から、興味のある授業を選択して学んでいきます。アートアニメーションでは、手描きの200枚の絵をもとに約1分間の動画を制作し、アニメーションの仕組みを理解します。ショートムービーでは、与えられたテーマに沿って企画から上映までの流れを体得。メディアアートでは、デジタル編集ソフトを使い、プログラミングによる映像表現に挑戦します。このほか、立体造形やデッサンなど領域を超えて表現の可能性を広げる授業も行います。

1年次で身につく力

● 3つの領域の映像表現の基礎を習得。
● 基礎的な造形力。

  • 映像2年次
    • 2年次●
    • 専門領域を絞り、知識と技術を深める。
  • 2年次の目標は自分の深めたい専門領域を絞り、専門的なスキルを身につけること。たとえば、アートアニメーションでは、クレイアニメや3DCGアニメといった立体的なアニメーション表現を学びます。ショートムービーでは、SFX(特殊効果)やVFX(視覚効果)など専門的な編集技法を習得。メディアアートでは、学内のさまざまな場所に映像を投影するような空間全体を使った作品制作に取り組みます。また、映像論の講義では、映像芸術を代表する歴史的な作品にふれ、新たな映像表現への意識を高めます。

2年次で身につく力

● 3つの領域の専門的な知識と技術。
● 映像芸術の歴史を知る。

  • 映像3年次
    • 3年次●
    • 社会とつながり、実践的に制作に取り組む。
  • これまでに学んだ技術を活かして作品を制作したり、つくりたい作品に合わせてさらに技術を習得していく1年間になります。社会とのつながりを意識したプログラムも多数。映画監督や映像作家、CMディレクターなどをゲストに招くワークショップ形式の授業や、クラスメイトや音楽コースの学生と協力して制作するグループワークなど、より実践的な制作を行っていきます。後期には、京都市街地の中心にある「元・立誠小学校」で展覧会を開催。展示方法から広報物まですべて自分たちで考えてつくり上げていきます。

3年次で身につく力

● 展覧会を企画して社会に発表する力。
● 個々の表現スタイルを確立する。

  • 映像4年次
    • 4年次●
    • 映像を通してつくる力、伝える力をみがく。
  • 2名の指導教員を選び、異なる視点からアドバイスを受けながら、卒業制作に取り組みます。これまでにない映像作品をつくるべく、自分の得意な手法を使い、作品をつくり上げていきます。映像コースの卒業制作では、「つくる」だけではなく、「伝える」ことを重視。作品の意図や伝えたいメッセージをレポートにまとめるとともに、月1回のペースでプレゼンテーションを行います。そうしてつちかった、作品のコンセプトを自分の言葉で伝える力は、卒業後もあらゆる場面で活かすことができます。

4年次で身につく力

● めざす進路に合わせた高度な映像表現力。
● 作品の意図を他者へ伝えるプレゼンテーション力。

卒業後の進路 各学部の進路

アートとしての映像表現の可能性を追求する映像コース。自分の得意な表現分野をつき詰めることで、専門的な知識と技術を身につけます。そんな映像のスキルを活かせる業界は多く、テレビやCM、アニメーションといった映像プロダクション、ゲームやWeb業界などで卒業生たちが活躍しています。

  • ● テレビやCM、ミュージックビデオの映像ディレクター
  • ● WebやCGデザイナーやゲームクリエイター
  • ● 映像作家、メディアアーティスト
  • ● 中学校・高等学校の美術教員

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ