洋画専攻の学び

最初に取り組む「イーゼルづくり」と「絵の具づくり」で、絵を描くための道具や材料の成り立ちを知るところから洋画専攻の学びは始まる。次に、ヌードデッサンで人体の描き方を、白と黒の絵の具で描くグリザイユで色を明暗に置き換える方法を学ぶ。ほかにも、自由な発想を身につけるために、絵画以外の立体作品やパフォーマンス、映像、写真などにも挑戦する。こうした活動の中で、自分が描きたい、表現したいテーマを見つけ、オリジナルの表現を追究していく。また、実習室に併設された「7-23ギャラリー」では、学生による個展やグループ展が頻繁に開催されている。

学生作品の紹介

「no title」

大石 綾

キャンバス、油彩/130.3×194cm/卒業制作/2016

「no title」大石 綾

「巡礼道」

新井伽那

墨、油彩、キラ、砂/91×96cm、91×96cm/卒業制作/2016

「巡礼道」新井伽那

「それは、わたしと同じ」

ピーターソン野亜

油彩、クレパス/227×162cm/卒業制作/2016

「それは、わたしと同じ」ピーターソン野亜
ページトップへ