• 料理や花を美しくみせる器として、わたしたちの生活に彩りを与える陶磁器。一方で、そのもの自体の美しさを追求したオブジェやアートなどの芸術作品も陶芸によってつくり出すことができます。土と火によって美を生み出す陶芸の技術は、古来より受け継がれ発展してきました。
    京都精華大学の陶芸コースでは1 年次から陶芸の専門的な技術を学ぶことができます。手びねり、ロクロ、タタラなどの成形技術を身につけ、色や風合いを決める釉薬の調合や絵付けの技法を学び、窯を使った焼成方法まで一連の制作方法を習得します。
    意図しないかたちや色が生まれることも楽しみながら、自分だけの表現や手法を追求していくことで、陶芸による、これまでにない新しい表現をめざします。

4年間の学び

  • 陶芸1年次
    • 1年次●
    • 基本的な技法を身体で覚える。
  • 陶芸コースの特徴は、手びねり、ロクロ、タタラ(陶板)、石膏など陶芸の基本技法を入学直後から学ぶことができるということ。土をこねて成形するところから素焼き、施釉、本焼きまでの一連の工程を体験し、器やオブジェなどを制作していきます。同時に、デッサンやドローイング、樹脂を使った立体造形などにも取り組み、ものづくりの基礎となる造形力を身につけます。手と身体を使って陶芸の基本を習得する1 年次の学びは、今後の制作の土台となります。

1年次で身につく力

● 陶芸の基本技法を身につける。
● ものづくりの基礎となる造形力。

  • 陶芸2年次
    • 2年次●
    • テクニックを向上させ、表現の幅を広げる。
  • 2年次からは自分の考えをかたちにできるよう、技法のさらなる向上をめざします。陶芸を装飾するための釉薬の知識や調合方法、絵付けの手法を学ぶ授業がはじまるのもこの学年から。釉薬の授業では、調合実験を繰り返しながら、原料の種類や扱い方を習得します。絵付けの授業では、清水焼の絵付け師を教員に招き、筆の使用方法や材料の知識など基礎からこまかな装飾まで伝統技法を学びます。

2年次で身につく力

● 釉薬を調合する知識と扱い方。
● 絵付けの伝統技法。

  • 陶芸3年次
    • 3年次●
    • オリジナルな陶芸表現を追求する。
  • 3年次には、鋳込み技法や大物ロクロ技法など応用的な技法を学びます。この学年からは、与えられたテーマに対してこれまでに身につけてきた技法のなかからどれを使い、どのような作品を制作するのかを自分で考えることが求められます。制作を繰り返すなかで、自分の得意な技法や表現方法が固まっていくのです。暮らしの身近にある器や花器を制作する人、オブジェなどの芸術品を制作する人など、これまでに習得した知識と技術を活かし新たな陶芸のかたちを追求していきます。

3年次で身につく力

● イメージをかたちにする力。
● 各自の表現の軸となる技術力。

  • 陶芸4年次
    • 4年次●
    • 土と火から4年間の集大成をかたちにする。
  • これまでに学んだことを振り返り、同時にこれからの未来をみすえて卒業制作に取り組みます。巨大な窯で仕上げたダイナミックなオブジェや繊細な絵付けを施した器など、用途はもちろん、大きさやかたち、技法もさまざま。テーマ設定から制作工程までをすべて自分で管理し、毎週全員で行うミーティングで進捗状況を確認しながら進めていきます。工程を管理し、自分の考えをオリジナルな表現に落とし込んでいくセルフプロデュース力は将来につながる大きな糧となります。

4年次で身につく力

● さまざまな技法や表現にチャレンジし、自分の表現とする力。
● イメージを作品にするまでのセルフプロデュース力。

卒業後の進路 各学部の進路

陶芸コースで身につくのは、イメージをかたちにする力。その造形力を活かして、さまざまな分野のメーカーで企画やデザインの仕事にたずさわることができます。また、生活と深く関わる陶磁器は、いつの時代も求められるもの。作家として、あるいは窯元に就職して陶芸をつづける卒業生も多数います。

  • ● 陶芸家や美術作家
  • ● 伝統工芸の工房や窯元の職人
  • ● ジュエリーや雑貨などのデザイナー
  • ● 中学校・高等学校の美術教員

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●高等学校教諭一種免許状(工芸)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ