京都精華大学人文学部再編記念講演会「人文学の逆襲」を開催します

2014/09/26


lecture2014-d
 
わたしたちの世界は、果たして幸福へと向かっているのでしょうか。
 
グローバル化が加速される中、わたしたちの社会はより複雑化する様相を呈しています。経済や科学が発展する一方で、紛争や貧困、環境破壊や生命倫理についての課題など、世界は多様な問題を抱えており、わたしたちも決して無関係では済まされないはずです。
 
これら諸問題に向き合うには、物事の背景や問題の本質を見抜く力が必要であり、知性と教養、そして対話をする実践力が求められます。また、異なる文化の価値観、異なる時代の価値観を、自らにフィードバックして、自らと自らの社会の価値観を練り直さなければなりません。それらを考えたとき、俯瞰的な視野で人間と社会を研究する「人文学」こそが、今まさに必要とされる学問ではないでしょうか。「人文学」は、人間に対する理解を深め、人間の持つ 無限の可能性を見いだす学問です。人間の根源と本質を見すえて、「人文学」によって未来への希望をつくろうではありませんか。
 
京都精華大学は急激に変容する社会を見とおし、人文学部のカリキュラムを2015年から一新します。人文学部が生まれ変わる記念となるこの講演会では、各回テーマによる視点を通して、人間のあり方、社会のあり方をみなさんとともに考えたいと思います。
 


京都精華大学人文学部再編記念講演会 「人文学の逆襲」
会場:京都精華大学 黎明館 L-101 → 交通アクセス
時間:14:00~15:30
 

shirai72

第1回 10月18日(土)
「現代社会と人文学」
白井 聡(専門分野:政治学・社会思想)


プロフィール: 東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。主にロシア革命の指導者であるレーニンの政治思想をテーマとした研究を手掛けてきたが、3.11を基点に日本現代史を論じた『永続敗戦論――戦後日本の核心』(太田出版)により、第4回いける本大賞を受賞(2013年)。著書に『未完のレーニン』(講談社、07年)、『「物質」の蜂起をめざして』(作品社、10年)。2015年4月より、京都精華大学人文学部教員に就任予定。

 

sasaki72

第2回 10月25日(土)
「人文学と思想のあり方」
佐々木 中 (専門分野:哲学)


プロフィール: 東京大学文学部思想文化学科卒業、東京大学大学院人文社会研究系基礎文化研究専攻宗教学宗教史学専門分野博士課程修了。博士(文学)。『定本 夜戦と永遠―フーコー・ラカン・ルジャンドル』(河出文庫、2011年)、『切りとれ、あの祈る手を —〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』(河出書房新社、10年)、『晰子の君の諸問題』(河出書房新社、12年)、『夜を吸って夜より昏い』(河出書房新社、13年)、『踊れわれわれの夜を、そして世界に朝を迎えよ』(河出書房新社、13年)等、著作多数。http://www.atarusasaki.net
2015年4月より、京都精華大学人文学部教員に就任予定。

 

sacko72

第3回 11月8日(土)
「グローバル社会と人文学」
ウスビ・サコ(専門分野:空間人類学)


プロフィール: アフリカ・マリ出身。北京語言大学、南京東南大学を経て、京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。専門分野は居住空間、建築文化、コミュニティを相対的にとらえる空間人類学。著書に『知のリテラシー・文化』(ナカニシヤ出版、2007年)、論文に「バマコの集合住宅の生成と中庭型在来住宅の形成過程の考察」など。01年より京都精華大学人文学部教員、13年から人文学部学部長。

 
参加申込方法
Webサイトからの申し込みが必要です。
 
第1回 10/18(土)参加申込ページへ
 
第2回 10/25(土)参加申込ページへ
 
第3回 11/8 (土) 参加申込ページへ
 
 
参加を希望される日のボタンをクリックし、各回イベントページよりチケット申し込み(無料)を行ってください。
申し込み後、参加チケットが発行されるので、スマートフォンあるいはプリントアウトのいずれかの方法にて、開催日当日必ずご持参ください。
 
なお、各回の定員に達した時点で参加申し込み受付を終了いたします。
 
 


講演会開催に関するお問い合わせ先
 
京都精華大学 学長室
TEL:075-702-5317
FAX:075-702-8819
 
 
 


Copyright © Kyoto Seika University. All rights reserved.