京都精華大学TOP > 学部・大学院 > 芸術学部 > テキスタイル専攻


テキスタイル専攻の学び

布を染める。糸をつむいで織る。染めと織りの技法によって生み出されるのがテキスタイル。独特の美しい色彩と、思わずふれてみたくなる素材感がテキスタイル表現の魅力です。最初は、シルクスクリーン、ろうけつ染め、型染め、つづれ織り、フェルト制作といった、染めと織りの基本的な技法を学ぶところからスタートします。また、京都という立地を生かして、「友禅」や「西陣織」に代表される伝統技法の習得に力を入れているのも特徴。古くからの技法である「手描き友禅」を体系的に学べる、全国的にもめずらしいカリキュラムを整えています。

学生作品の紹介

「世界を変えてあげる」

上田真由

ろうけつ染め、綿サテン、反応性染料/217×190cm/卒業制作/2016

「世界を変えてあげる」上田真由

「わたし」

長村安奈

つづれ織り、羊毛糸/200×203cm/卒業制作/2016

「わたし」長村安奈

「人の波に澄みわたるブルーを」

藤本奏絵

ろうけつ染め、絹/180×364cm/卒業制作/2016

「人の波に澄みわたるブルーを」藤本奏絵
ページトップへ