「東アジア文化都市2017 京都」の現代美術展に卒業生・修了生が多く出展

2017 年 4 月 29 日

「東アジア文化都市2017京都」のメインプログラムとして、日中韓の現代アートを紹介する大規模な展覧会「東アジア文化都市2017京都 ―アジア回廊― 現代美術展」に本学卒業生・大学院修了生が多数出展します。

■名称
東アジア文化都市2017 京都 ―アジア回廊― 現代美術展

■期間
2017年8月19日(土)~10月15日(日)

■会場
二条城、京都芸術センター

■本学卒業の出展アーティスト
花岡伸宏(2006年 大学院 芸術研究科 博士前期課程 修了)
星野文紀(2009年 デザイン学部 建築専門分野 卒業/ヒスロム)
吉田 祐(2010年 デザイン学部 建築コース 卒業/ヒスロム)
加藤 至(2008年 芸術学部 テキスタイルデザイン専門分野 卒業/ヒスロム)
中村裕太(2011年 大学院 芸術研究科 博士後期課程 修了)

※【東アジア文化都市】とは
「東アジア文化都市」とは、日本・中国・韓国の各政府が選定した都市が1年間を通じて様々な文化芸術イベントや交流を行い、文化の力で東アジアの相互理解や連帯感の促進を図るものです。今年は日本の京都市のほか、中国・長沙市、韓国・大邱広域市が選ばれ、伝統的な文化芸術や現代美術、音楽、マンガ・アニメなど幅広いジャンルの多彩なイベントが開催されます。本学と京都市が共同で企画・運営する京都国際マンガミュージアムにおいても、マンガ・アニメに関する展覧会が開催される予定です。

東アジア文化都市2017 京都 -アジア回廊- 現代美術展
http://asiacorridor.org/

東アジア文化都市2017京都
https://culturecity-kyoto.com/

京都精華大学 芸術学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/art/

京都精華大学 大学院 芸術研究科
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/graduate/art/

ページトップへ