「2016年度グッドデザイン賞」において教員が開発を手がけた商品が受賞

2016 年 10 月 17 日

受賞作品:美容レザーホルダー「cosine」

1次審査の様子1次審査に集まった作品

デザイン学部プロダクトコミュニケーションコース教員 平田喜大(ERGO DESIGN STUDIO)が開発ディレクターを務めた「美容レザーホルダー [cosine]」が、「2016年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

受賞作品「美容レザーホルダー [cosine]」は、水谷理美容鋏製作所の商品として、ヘアーカットレザーのスペシャリスト大野勝次氏との共同開発のもと、伝統的な理美容レザーを持ち方、使い方の作法から大きく変えて、レザーカット自体の表現力に新たな可能性を持たせた商品です。受賞にあたっては、プロユースに求められる要件に独自の造形で応え、高い次元で美しさを備えている点が評価されました。
[cosine]動画リンク https://www.youtube.com/watch?v=z3kMv5iNLNc

平田は、工業デザインについて、次のように語っています。

工業デザインは、徹底した観察(場.人の動き.使い方等)から疑問.矛盾を拾い集め、考察する事で形無き理想が現れる。そして理想の未来と現在とのギャップを商品としての最適解で応える事。それが真の工業デザインです。モノの美は、思考・思想の質に比例する…。
これが、僕が教育の場において、大切にしていることです。

「2016年度グッドデザイン賞」の受賞作品は、2016年10月28日(金)から11月3日(木)まで、東京ミッドタウンで開催される「2016年度グッドデザイン賞展」で展示されます。

京都精華大学 デザイン学部 プロダクトコミュニケーションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/productcommunication/

プロダクトコミュニケーションコース教員 平田喜大
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/hirata-yoshihiro/

ページトップへ