「JAGDA学生グランプリ2016」において、デザイン学部の学生が各賞を受賞

2016 年 9 月 9 日

「JAGDA学生グランプリ2016」において、デザイン学部デジタルクリエイションコース3年生 中村朱里さん、イラストコース2年生 片寄優斗さんの作品が優秀賞を受賞しました。また、グラフィックデザインコース4年生 清水夏菜子さん、イラストコース2年生 大西晃生さんも入選を果たしています。

本公募は、デザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、全国の高校生以上の学生を対象として、日本のグラフィックデザイン界における優れた新しい才能の発見と輩出を目的に実施されているポスターデザインコンペティションです。今回は「SNS」をテーマに、698名、応募総数810作品(連作含む累計983点)の中から、グランプリ/準グランプリ/優秀賞/審査員賞/入選の111作品が選ばれました。
受賞・入選作は、第60回企画展「JAGDA学生グランプリ2016」と題し、9月11日(日)まで東京ミッドタウン・デザインハブにて展示されています。

JAGDA学生グランプリ2016 受賞作品一覧
http://www.jagda.or.jp/information/jagda/2753

京都精華大学 デザイン学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/

ページトップへ