学生がプロダクトデザインしたメガネの商品化が決定

2016 年 7 月 5 日

長谷川さんのコンセプトボード「結」

 本学のプロダクトコミュニケーションコースでは、2015年度よりメガネの産地福井県鯖江市のメガネメーカーと連携し、「アイウェア・デザイン」を本格的に学ぶ授業に取り組んできましたが、2年目となる今年に、メガネの商品化が決まりました。
 商品化が予定されているのは、4年生の長谷川 千波さん、藤田 悠貴さん、北野 瑠菜さんによるデザインで、「和服に似合う」「鷲のような力強さ」「大人の可愛さ」といった、学生ならでは視点で考案されたもの。プロのデザイナーと販売メーカーの方から、「実際の使用を考えると、このままでは商品にならない」「店舗内での展示はどうするのか」といった厳しい指導を受けながら、今秋の販売を目指して作業が進められています。
 販売は2016年11月中旬を予定。また、7月23日~24日のオープンキャンパスにおいて、商品化されるメガネフレームモデルが展示されます。

この授業の様子は、デザイン学部ウェブからご覧いただけます。

デザイナー、メーカーとの打合せ

協力・担当(敬称略)

株式会社ボストンクラブ(笠島 博信、脇 聡)
http://www.bostonclub.co.jp/index.php

株式会社メガネトップ アルク
http://www.alook.jp/

プロダクトデザイン学科 教員 平田 喜大

ページトップへ