洋画専門分野卒業生 塩田千春さん、芸術研究科博士後期課程修了生 中村裕太さんが「第20回シドニー・ビエンナーレ」(オーストラリア)に参加

2016 年 3 月 9 日

美術学部洋画専攻(現・芸術学部洋画コース)卒業生 塩田千春さん、大学院芸術研究科博士後期課程修了生 中村裕太さんが、オーストラリアで開催される「第20回シドニー・ビエンナーレ」に参加します。塩田さんは新作「浅い眠り(Conscious Sleep)」の発表、中村さんは作品《日本陶片地図》の出展が予定されています。

シドニー・ビエンナーレは、1973年シドニー・オペラハウスのオープニング式典の一部として開催されたことをきっかけに誕生した国際ビエンナーレ展で、ヴェネツィア、サンパウロに次ぐ歴史を持ち、アジア太平洋地域で最大の現代美術イベントです。第20回を迎える今回は2016年3月18日からニュー・サウス・ウェールズ州立美術館、コッカトゥー島会場ほかで開催される予定です。

第20回シドニー・ビエンナーレ(20th BIENNALE OF SYDNEY)概要
会期:2016年3月18日(金)~6月5日(日)
会場:ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館、コッカトゥー島、キャリッジワークス、シドニー現代美術館、Artspaceほか/オーストラリア(Australia)

日本からの出展作家:塩田千春(美術学部 洋画専攻 卒業生)、中村裕太(大学院 芸術研究科 博士後期課程 修了生)、篠田太郎

第20回シドニー・ビエンナーレ 公式Webサイト
https://www.biennaleofsydney.com.au/20bos/

塩田千春「流れる水」2009年、
発電所美術館、富山、撮影:サニー・マンク

中村裕太《日本陶片地図》2015年、
撮影:表恒匡

ページトップへ