平成27年度「ごみ減量・3R活動優良事業所」に本学が認定

2015 年 10 月 19 日

2015年10月2日に平成27年度「ごみ減量・3R活動優良事業所」の認定証授与式が行われ、本学が「優良事業所」として認定を受けました。これは、京都市が大規模事業所(注1)のうち、事業ごみの減量及び再資源化に積極的に取り組んでいる事業所を「ごみ減量・3R活動優良事業所」として認定し顕彰しているもので、本年度は16の事業所が認定され、京都市の私立大学では初の認定となります。

京都市では2016年4月から事業所のリサイクル可能なすべての紙類の分別が義務化される予定ですが、本学では紙ごみ分別はもちろん、7年前から雑紙分別回収にも取り組み、独自に「環境マネジメントシステム」を定め、教員・職員・学生・関係業者が、エネルギーの節約、ごみの分別、ごみの低減といった、一人ひとりが出来ることから環境を意識した活動を全学的に行っています。こうした取り組みが評価され、「産廃処理・3R等優良事業場認定制度」においても、平成26年度の優良事業場としての認定を受けました。

注1:大規模事業所(事業用大規模建築物)
事業の用に供している部分の延べ床面積が1棟で1,000平方メートル以上である建築物(京都市内に約2,300事業所)。これらに対し、京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例において、毎年、事業系廃棄物に関する減量計画書の提出を義務付けており、これに基づき京都市が減量指導を行っている。



平成27年度「ごみ減量・3R活動優良事業所」の認定について(京都市ホームページより)
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000188846.html

ページトップへ