人文学部教員 三上賀代の著書『増補改訂 器としての身體―土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ』が出版

2015 年 10 月 14 日

人文学部教員 三上賀代の著書『増補改訂 器としての身體―土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ』が出版

人文学部教員 三上賀代の著書『増補改訂 器としての身體―土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ』が出版されました。

本著は、1993年に出版された三上賀代の著書『器としての身體―土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ』(ANZ堂)にさらなる研究の成果を加えた増補改訂版。舞踏家・土方巽氏に教えを受け、舞踏家として活躍する三上が、稽古ノートと体験をもとに土方巽・暗黒舞踏技法を解明した一冊です。

書籍名:『増補改訂 器としての身體―土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ』
著者名:三上賀代
出版社:春風社
発売日:2015年9月7日

京都精華大学 人文学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/humanities/

ページトップへ