大学院芸術研究科生の作品が、岡崎ときあかり2015「岡崎ときあかりアワード」でローバー都市建築事務所賞を受賞

2015 年 10 月 6 日

岡崎ときあかり2015「岡崎ときあかりアワード」において、大学院芸術研究科博士前期課程1年生 張 瀅雪さん、大学院芸術研究科博士後期課程1年生 王 鍵芝さんのユニット「Dandelion2(ダンデライオン・2)」のプロジェクション・マッピング作品「四季」が、ローバー都市建築事務所賞を受賞しました。

「岡崎ときあかりアワード」は、未来のアートまちづくりを見据え、映像を学ぶ学生やクリエイターからプロジェクション・マッピング作品を募集するコンペティションで、今年で5回目を迎えます。今年度は「現代の琳派」をテーマに作品が制作され、9月19日(土)にすべての作品を上映、審査後、受賞作品が9月20日(日)「岡崎ときあかり2015」にて上映されました。

岡崎ときあかり2015「岡崎ときあかりアワード」入賞一覧
http://www.kyoto-okazaki.jp/news/291

京都精華大学 大学院芸術研究科
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/graduate/art/

ページトップへ