ビジュアルデザイン学科の学生が嵐電の広告を制作、車両をジャックしました

2015 年 9 月 3 日

ビジュアルデザイン学科の学生が、嵐電(京福電気鉄道株式会社)をテーマにした広告制作に取り組みました。その作品発表の機会として、8月28日(金)~9月13日(日)の17日間に渡り、中吊り広告、額面広告、電車のヘッドマークに至るまで、すべての広告枠を学生たちの作品でジャックした嵐電のレトロ車両を運行しています。

このプロジェクトは、デザイン学部ビジュアルデザイン学科3年生と4年生が履修する、企画構成力や表現スキルを磨く演習科目「デザインスキル(コピー&デザイン)」の授業の一環として、作品を広く社会に発信することを目的に行うもので、同社の協力のもと、嵐電の魅力を学生目線でとらえた個性的な広告作品を車両に展示しています。

また、運行期間中、嵐電の路線にある12の駅において、学生たちが制作したポスターが掲示されています。

展示期間:
2015年8月28日(金)~9月13日(日)
※電車は点検・整備のため、運行しない日もあります

ポスター作品の展示駅:
四条大宮、帷子ノ辻、北野白梅町、西院(下り)、有栖川(下り)、車折神社(下り)、鹿王院(下り)、嵐電嵯峨(下り)、常盤(上り)、御室仁和寺(下り)、妙心寺(上り)、龍安寺(上り)

嵐電Webサイト:
http://randen.keifuku.co.jp/



冨澤朱夏(グラフィックデザインコース4年)

清水夏菜子(グラフィックデザインコース3年)

ページトップへ