人文学部教員 佐々木 中翻訳の著書『ツァラトゥストラかく語りき』が出版

2015 年 8 月 4 日

人文学部教員 佐々木 中翻訳の著書『ツァラトゥストラかく語りき』が出版

人文学部教員 佐々木 中が翻訳を手がけた著書『ツァラトゥストラかく語りき』が出版されます。

本著は、ドイツの哲学者フリードリヒ・W・ニーチェの著作を佐々木によって、読みやすく哲学的に厳密に翻訳したもので、「グロイター版ニーチェ全集原典」から初の文庫完全新訳となります。

佐々木は、哲学者・作家として活躍しており、2010年に発行された著書『切りとれ、あの祈る手を—〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』は発行部数4万部を超え、その鮮やかな論考・文体が多くの読者から支持を得ています。
本学では、人文学部1年次の必修科目「哲学概論」を担当。「哲学的に考えること」「哲学者であること」とはどのようなことか、具体的な問題に即して考えることで、哲学を基本的な思考の武器とする概念を習得し、実践することを教えています。

書籍名:『ツァラトゥストラかく語りき』
著者:佐々木 中(訳)/フリードリヒ・ニーチェ(著)
出版社:河出書房新社
発売日:2015年8月6日

また、出版を記念して佐々木による『ツァラトゥストラかく語りき』新訳刊行記念講演が、2015年8月6日(木)に朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室にて開催されます。

日程:2015年8月6日(木)
時間:19:00~20:30
会場:朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室
申し込み方法:詳細は下記Webサイトをご覧ください

出版記念講座「ツァラトゥストラに出会い直す」
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/9dd6278c-514d-b470-84ea-55b5ff33d182

京都精華大学 人文学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/humanities/

ページトップへ