デザイン学部客員教員 藤本壮介が「new Learning Centre of the Ecole Polytechnique in Paris-Saclay」設計競技において最優秀賞に選定

2015 年 6 月 9 日

デザイン学部客員教員 藤本壮介が「new Learning Centre of the Ecole Polytechnique in Paris-Saclay」設計競技において最優秀賞に選定

©SOU FUJIMOTO ARCHITECTS +
NICOLAS LAISNE ASSOCIES +
MANAL RACHDI OXO ARCHITECTS +
RENDERING BY RSI-STUDIO

デザイン学部客員教員 藤本壮介が代表を務める藤本壮介建築設計事務所と、Manal Rachdi OXO Architects、Nicolas Laisné Associatesの設計チームが、フランス・パリの設計競技「new Learning Centre of the Ecole Polytechnique in Paris-Saclay」において最優秀賞に選定されました。

本指名設計競技は、フランス・パリサクレの理工科学校「エコール・ポリテクニーク(Ecole Polytechnique)」の敷地約10,000 m²に新設される学習センターの設計を競ったもので、6教育・研究機関が共有し、2,000人の学生を迎えるための建築物です。提案された設計デザインは、一面ガラス張りの透明なファサードをもち、緑の芝生が広がる建物の周囲と、植栽された内部のアトリウムとを結びつける空間設計が特徴的です。施設内には、講堂や教室、先進的な教育の専門スペースを備え、通路や階段が、教員や学生、観光客がコミュニケーション可能なオープンスペースとして機能します。

エコール・ポリテクニークWebサイト
https://www.polytechnique.edu/en/node/1328

京都精華大学 デザイン学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/

ページトップへ