音楽コース教員 谷口文和の共著『音響メディア史』が出版

2015 年 5 月 7 日

音楽コース教員 谷口文和の共著『音響メディア史』が出版

ポピュラーカルチャー学部音楽コース教員 谷口文和の共書『音響メディア史』が出版されました。

本著は、19世紀から現代に至るまで、音の技術が音響メディアとして世に広まり、音の文化と結びついていく過程を、時代や社会との関連から広く論じた一冊です。谷口は、「第1章 音響メディアへのアプローチ:身近な経験を歴史的にとらえなおす」「第7章 ラジオとレコード:新型メディアの出現と文化の再編」「第9章 レコードという器:変わりゆく円盤」「第11章 デジタル時代の到来:CD へと急速に移行したレコード産業」「第14章 音を創造する飽くなき探求:レコーディング・スタジオにおけるサウンドの開拓」を執筆しました。

書籍名:『音響メディア史』
著者:谷口文和/中川克志/福田裕大
出版社:ナカニシヤ出版
発売日:2015年5月5日
価格:2,300円(税抜)

ナカニシヤ出版Webサイト 作品紹介
http://www.nakanishiya.co.jp/book/b196079.html

京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部 音楽コース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/popularculture/music/

ページトップへ