建築専門分野卒業生 鈴木亜生さんの作品「SHIRASU」が「2015年日本建築学会作品選集新人賞」を受賞

2015 年 4 月 22 日

建築専門分野卒業生 鈴木亜生さんの作品「SHIRASU」が「2015年日本建築学会作品選集新人賞」を受賞

写真:阿野太一

美術学部建築専門分野(現・デザイン学部建築コース)卒業生 鈴木亜生さんの作品「SHIRASU」が、「2015年日本建築学会作品選集新人賞」を受賞しました。

「2015年日本建築学会作品選集新人賞」は、一般社団法人日本建築学会によって、若手設計者の作品発表を奨励するために2013年に創設された賞で、1989年より刊行が開始されて以来毎年1回刊行されている『建築雑誌増刊 作品選集』に掲載された作品の中から、応募年の4月1日時点で40歳未満の筆頭設計者を表彰するものです。第3回となる本年は、16名の若手設計者が表彰されました。

受賞作品「SHIRASU」は、鹿児島県鹿児島市に建設された個人住宅で、建築材料として九州南部一帯に厚い地層として分布する細粒の軽石や火山灰などの堆積物「シラス」を用いて新しく開発した「シラスブロック」が使用されています。
受賞にあたっては、地元産の素材に着目し、新たな製品開発にまで取り組んだ点や、シラスの調湿機能や断熱性能を発揮するための詳細な工夫など、環境や地域性といった現代的なテーマに真摯に向き合い、それを実現した住宅作品として高く評価されました。

一般社団法人日本建築学会 2015年各賞受賞者一覧
https://www.aij.or.jp/2015/2015prize.html

京都精華大学 デザイン学部 建築コース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/architecture/

ページトップへ