平成26年度「産廃処理・3R等優良事業場」に本学が認定

2015 年 3 月 9 日

2015年3月7日に開催された「第15回環境フォーラムきょうと」において平成26年度「産廃処理・3R等優良事業場」の認定証授与式が行われ、本学が「優良事業場」として認定を受けました。(平成26年度は23の事業場が認定)

京都市による「産廃処理・3R等優良事業場認定制度」とは、産業廃棄物(産廃)を適正に処理する社会的責任は処理事業者だけでなく産廃を排出する事業者にもあるものと定め、産廃物の3R(発生抑制、再使用、再生利用)の推進と環境への負荷の低減に努める事業場に対して、市が審査・認定を行う制度です。

本学では独自に「環境マネジメントシステム」を定め、教員・職員・学生・関係業者が、エネルギーの節約、ゴミの分別、ゴミの低減といった、一人ひとりが出来ることから環境を意識した活動を全学的に行っています。こうした取り組みが評価され、昨年度から2年連続で認定を受けました。


「産廃処理・3R等優良事業場認定制度」~産廃チェック制度~について(京都市ホームページより)
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000149942.html

ページトップへ