マンガ学部客員教員 業田良家の著書『機械仕掛けの愛』3巻、『男の操』再編集版が同時出版

2015 年 2 月 27 日

285

マンガ学部客員教員 業田良家の著書『機械仕掛けの愛』3巻、『男の操』再編集版が同時出版されました。

「機械仕掛けの愛」は、第17回手塚治虫文化賞にて「短編賞」を受賞した作品で、街にたたずむ自販機、お寺のロボット小坊主、かつて人間だったころの記憶を持つロボットなど、心を持ったかのように見えるロボットたちの愛情や葛藤を通して「人間」を描きだす寓話的オムニバスストーリーです。

「男の操」は、2006年に上下巻で刊行された同名作品を再編集し、巻末に描き下ろしを加えて全1巻に構成した作品で、演歌歌手である父とその娘をとりまく日常を描いたストーリーです。

書籍名:『機械仕掛けの愛』3巻
価格:552円(税抜)
小学館 Webサイト 作品紹介
http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091867971

書籍名:『男の操』
価格:648円(税抜)
小学館 Webサイト 作品紹介
http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091868657

著者:業田良家
出版社:小学館
発売日:2015年2月27日

京都精華大学 マンガ学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/

ページトップへ