大学院芸術研究科修了生が「第21回 松伯美術館 花鳥画展」で各賞を受賞

2015 年 2 月 5 日

「第21回 松伯美術館 花鳥画展」において、大学院芸術研究科博士前期課程修了生 前川祥子さんの作品「煌々と」が大賞を受賞、同研究科博士前期課程修了生 小杉侑未さんの作品「蒼日」が優秀賞を受賞しました。
また、大学院芸術研究科修士課程修了生 上硲一平さん、大学院芸術研究科博士前期課程修了生 及川美沙さん、田中翔子さん、西川恵子さんも入選を果たしています。

同展は、花鳥画の真にあるべき姿を考え、若い作家たちの育成を目的とした公募展で、今年度は64点の応募作品から、大賞1点、優秀賞4点を含む入選作品25点が選ばれました。入選作品は、2015年2月10日(火)から2015年3月8日(日)まで、松伯美術館にて展示されます。

第21回 松伯美術館 花鳥画展
http://www.kintetsu.jp/shohaku/exhibition/kachoga21/index.html

松伯美術館
http://www.kintetsu.jp/shohaku/index.html

京都精華大学 大学院芸術研究科
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/graduate/art/

前川祥子「煌々(コウコウ)と」

小杉侑未「蒼日(ソウジツ)」

ページトップへ