プロダクトコミュニケーションデザインコース 卒業生 福田真優さんがデザインを手がけた「ネジザウルスRX」が「グッドデザイン賞」を受賞

2015 年 2 月 3 日

プロダクトコミュニケーションデザインコース 卒業生 福田真優さんがデザインを手がけた「ネジザウルスRX」が「グッドデザイン賞」を受賞

デザイン学部プロダクトコミュニケーションデザインコース(現・プロダクトコミュニケーションコース)卒業生 福田真優さんがデザインを手がけた工具「ネジザウルスRX」が「2014年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

「グッドデザイン賞」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する総合的なデザインの推奨制度で、暮らしと産業、社会全体を豊かにする「よいデザイン」を50年以上にわたって顕彰し続けてきました。

受賞した「ネジザウルスRX」は、福田さんが所属する株式会社エンジニアが製作するペンチ「ネジザウルス」シリーズの新商品で、頭のつぶれたネジや錆びたネジが外せる、太い電線や鉄線も少ない力でカットできる、先端部の隙間をなくすことで薄い物も確実につかめるという3つの特徴を兼ね備えています。
「グッドデザイン賞」の受賞にあたっては、ネジの頭をしっかりとつかめる先端形状や、力を無駄なく伝える部品構成、グリップの握りやすさなど、細部に渡る工夫を高く評価されました。

スマートフォンや文房具、靴、自転車など、身のまわりのもののデザインを学ぶ、プロダクトコミュニケーションコース。人の暮らしや社会のあり方に深く関わる製品のデザインを通して、人間が抱える問題を解決し、世界を変える力を持ったデザイナーを育成します。カリキュラムでは、デザインの基本となる素材やかたち、機能などを学ぶ実習を柱にし、製品と人との関係を考えることも重視しています。

京都精華大学 デザイン学部 プロダクトコミュニケーションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/productcommunication/

ページトップへ