プロダクトデザイン学科客員教員 鈴野浩一の作品「空気の器」がカナダのモントリオール美術館において、永久コレクションに認定

2015 年 1 月 15 日

プロダクトデザイン学科客員教員 鈴野浩一の作品「空気の器」がカナダのモントリオール美術館において、永久コレクションに認定

「空気の器」 撮影:冨田里美

デザイン学部プロダクトデザイン学科客員教員 鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)の作品「空気の器」がカナダのモントリオール美術館において、永久コレクションに認定されました。

本作品は、トラフ建築設計事務所がデザインを手掛け、ペーパープロダクトのブランド「かみの工作所」の商品として製作されたプロダクトで、空気を包みこむように、かたちを自由に変えられる紙の器です。2010年4月に発売されて以来、全国のショップをはじめ、アメリカ・ヨーロッパなど20カ国以上で販売されています。

また、モントリオール美術館は、ケベック州モントリオールに位置する1879年に設立されたカナダで最も古い美術館で、版画、デッサン、絵画、彫刻、写真、家具など3万点以上ものコレクションを収蔵しています。

トラフ建築設計事務所Webサイト
http://torafu.com/

なお、紙のデザイン雑貨を紹介する付録付き書籍「design × paper」のシリーズ第一弾として、『空気の器の本 1枚の紙からできる不思議な器』(美術出版社/2011年1月22日発売)と題した書籍も出版されています。

美術出版社Webサイト 作品紹介
http://book.bijutsu.co.jp/books/2011/01/1_9.html

京都精華大学 デザイン学部 プロダクトデザイン学科
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/productdesign_dept/

ページトップへ