芸術学部客員教員 酒井忠康監修の 『日本の20世紀芸術』が出版

2014 年 11 月 20 日

芸術学部客員教員 酒井忠康監修の 『日本の20世紀芸術』が出版

芸術学部客員教員 酒井忠康監修の『日本の20世紀芸術』が出版されました。

本作品は、絵画、彫刻、版画、工芸をはじめ、挿絵・イラスト、写真、書、いけばな、ミュージアム建築、デザイン、実験映像・アニメーション・マンガ、パフォーミング・アーツまで日本の20世紀芸術を多岐に渡りまとめた全集です。1930年代以降の芸術を10年ごと7章で構成し、1,000人を超える作家とその作品が紹介されています。

書籍名:『日本の20世紀芸術』
監修:酒井忠康
編集:東京美術倶楽部
出版社:平凡社
発売日:2014年11月19日
価格:26,000円(税抜)※2015年3月末日まで、4月1日より29,000円(税抜)

平凡社 Webサイト作品紹介
http://20th-century-art.heibonsha.co.jp/

京都精華大学 芸術学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/art/

ページトップへ