大学院デザイン研究科修了生・プロダクトコミュニケーションデザインコース卒業生が「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD」にて各賞を受賞

2014 年 10 月 29 日

「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2014」において、大学院デザイン研究科修了生 蕭 聖學さんの作品「台湾と日本における暮らしの中にみられる紙造形と生活文化-「紙」加工のデザインに関する研究」が大賞を受賞、またデザイン学部プロダクトコミュニケーションデザインコース(現・プロダクトコミュニケーションコース)卒業生 山中美貴子さんの作品「Swanie」が榮久庵憲司賞を受賞しました。

「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD」は未来の一流デザイナーをめざす学生たちの「卒業制作」を対象とするアワードで、教育研究の集大成であり、プロへの第一歩となる卒業制作の表彰を通じ、次世代を担う人材の発掘と、デザイナーの卵たちの新鮮な完成と可能性を社会に広める機会の創出を目的としています。

大賞を受賞した蕭さんの作品は、身近な存在である「紙」をテーマにしており、折り紙の要素を幾何学的に応用し、折り紙とピクトグラムを組み合わせた遊びの絵本「オリピク」、紙の幾何図形から創造する遊びの道具「オリジオ」を制作しました。

蕭 聖學「台湾と日本における暮らしの中にみられる紙造形と生活文化-「紙」加工のデザインに関する研究」

山中さんは、療養者の心理的負担を減らす吸飲みを提案。素材として、寝たままでもくわえやすく、弱い力で握ることのできるシリコーンを使用し、患者の自然治癒力を高めるために自然界からイメージした形状を採用した作品です。

山中美貴子「Swanie」

MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2014 受賞作品発表
http://www.m-kagaku.co.jp/mcjda/award2014/awd01_index.html

受賞作品は、11月30日(日)から12月2日(火)の間、東京国際フォーラムにて展示されます。

MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2014 受賞作品展
会期:2014年11月30日(日)~12月2日(火)11:00~19:00 ※12月1日(月)は21:00まで
会場:東京国際フォーラム ガラス棟 B1F ロビーギャラリー
http://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

京都精華大学 大学院デザイン研究科
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/graduate/design/

京都精華大学 デザイン学部 プロダクトコミュニケーションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/productcommunication/

ページトップへ