テキスタイルコース教員 鳥羽美花が建仁寺書院の襖絵を制作

2014 年 10 月 28 日

テキスタイルコース教員 鳥羽美花が建仁寺書院の襖絵を制作

芸術学部テキスタイルコース教員 鳥羽美花が、京都・臨済宗大本山建仁寺の書院の襖絵の制作を担当します。これは、建仁寺の開山栄西禅師八百年大遠諱慶讃事業として行われるもので、日本古来の技法である「型染」を用いて、禅の世界を襖に染め上げます。
このたび、第一章として、小書院の襖絵16面「凪からさざ波へ」が完成、11月29日(土)~12月14日(日)に特別公開されます。

開山栄西禅師八百年大遠諱慶讃特別展「鳥羽美花-禅を染める」
会期:2014年11月29日(土)~12月14日(日)10:00~16:00
会場:臨済宗大本山建仁寺

この特別展では、ベトナムのミーソン遺跡を題材にした三部作「辿りついた場所」もあわせて展示されます。

鳥羽美花オフィシャルサイト
http://www.toba-mika.net/

京都精華大学芸術学部テキスタイルコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/art/textiles/

ページトップへ