ファッションコース教員 山縣良和が「TOKYO FASHION AWARD」を受賞

2014 年 10 月 22 日

ポピュラーカルチャー学部ファッションコース教員 山縣良和が「TOKYO FASHION AWARD」を受賞しました。

今年度新たに創設されたこの賞は、世界をフィールドに活躍する可能性を持った東京の旬なファッションブランドを選定表彰し、海外での展開をサポートするファッションアワードです。
公募により集まった36組の中から、「今後東京を代表するインターナショナルブランドになる可能性がある」「デザイン、アイテム数、価格帯で海外展開の可能性がある」「海外展開の意欲があり、体制を整える準備がある」という観点から12ブランドが選定された後、10月13日(月・祝)~10月19日(日)に開催された「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015 S/S」の会期中にコレクションの審査が行われ、受賞6デザイナーが決定しました。

受賞した6人のデザイナーへの支援として、2015年1月のパリファッション・ウィーク開催中に、アワード単独のショールーム「showroom.tokyo」を開設し、世界の有力なバイヤーとのマッチングの機会を設けることで、国内外でのビジネス展開をめざします。

山縣良和は、05年にセントラル・セント・マーティンズ美術大学ウィメンズウェア学科を卒業。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを経て帰国し、07年に自身のブランド「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」を設立。本年にはベーシックラインとなる「written by(リトゥン バイ)」を立ち上げ、2014-15秋冬コレクションを発表するなど、精力的に活動しています。

TOKYO FASHION AWARD Webサイト
http://tokyo-fashion-award.jp/

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ファッションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/popularculture/fashion/

ページトップへ