立体造形コース4年生 竹腰耕平さんの作品が「第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」にて実物制作作品に選出

2014 年 10 月 1 日

「第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」において、芸術学部立体造形コース4年生の竹腰耕平さんの作品が実物制作作品に選出されました。

「UBEビエンナーレ」は戦後、街の美化と心の潤いを目指す市民運動を契機として始まった野外彫刻展で、1961年より2年に一度のビエンナーレ形式で開催されています。毎年300点を超える応募作品の中から、10分の1サイズの模型作品40点が選考され、さらに実物制作作品18点が選出されます。

「今回選考された竹腰さんの模型作品は、実物サイズで作品制作を行い、2015年秋開催の「第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」本展に野外彫刻作品として出品されます。また、現在「湖水ホール」にて、応募された模型彫刻を全点公開する「応募作品展」が開催されています。

「展覧会名:第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)応募作品展
会期:2014年9月29日(月)~11月3日(月)
時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
会場:ときわ湖水ホール(ときわミュージアム分館)

「第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」Webサイト
http://www.ube-museum.jp/modules/pico/

京都精華大学 芸術学部 立体造形コース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/art/sculpture/

ページトップへ